京都紋付

日本の伝統的な正装、黒紋付。
その黒紋付だけを100 年以上にわたり染め続けてきた京都紋付。
愚直なまでに真摯に、黒を更なる黒へと昇華させつづけている。
捨てられるはずだった倉庫の服は、
その比類なき熟練の技により、新たな息吹をもたらされる。
黒よりも、更に深みのある黒へ。

京都紋付

1915 年、初代荒川金之介が染工場として創業。
以来、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを染め続け、現在は着物の世界のみならず、黒の第一人者として多くのデザイナーやブランドと取り組み、京黒紋付染の伝統を新しい形で継承しつづけている。また有害物質の不使用や、衣類の染め替え促進を通し、環境保全にも取り組んでいる。
荒川忠夫

“体を切ったら、黒い血が出てくるかもしれん”

先代 荒川忠夫
1

黒染めで“倉庫の服”を再価値化するFROMSTOCKが
出会うべきして出会った黒染めの第一人者、京都紋付。

京都紋付が展開する黒染めによる
REWEARプロジェクト「K」とのコラボレーション。

2
3

黒よりも黒く。
京都紋付独自の深黒(しんくろ)加工がもたらす、
究極の黒。

一度黒染めした後、独自の加工を施すことで、光を吸収し、
より黒を際立たせることができる。
それが深黒加工。

4
5

加工後は一点一点天日干しで乾かす。
それは黒さをより一層引き立たせる重要なプロセス。

ただ染めるだけではない。
安全性への配慮、環境負荷の低減は、
後世につなげる上でも最低限必要なこと。

6
7

黒染めで蘇った服たちは、
その技術や伝統を伝えるだけではなく、
地球環境を守る一歩になっていく。

VIEW ALL ITEMS