オシャレをして出かけたい。そんな僕らの欲求をカクジツに満たすのが<レイジブルー>の秋服だ。
そのなかでもスウェットとパーカがとにかく良いッ!
今っぽい‘‘プリントもの’’がこれでもか!とそろっていて、選ぶのも着るのも超楽しい!
さてと、オシャレしてどこへ行こうかな。

  • ポップなイラストやプリントをはじめ、"リンカーングリーン" "ウインターマスカット"といった、昨年にはなかった個性派色にも注目。まさに"映え"るバリエーションがそろう。

    "ウインターマスカット"カラーに、スーパービックなシルエット。今季らしいディテールが主役になる1枚。


  • 奇抜な訳でもなく、だけど見慣れたわけでもない。そんな絶妙なオシャレ心を突くスウェットが着こなしの主役。過度に飾りすぎずコーデュロイパンツと合わせて秋を楽しみたい!

  • 1枚で着たときのインパクトを狙って、バックプリントを多数展開。今季初コラボとなる気鋭のアーティスト「AYAKA FUKANO」の描き下ろしイラストパーカは売り切れ必至。

    <レイジブルー>オリジナルプリント。"TIME FLIES(時が経つのは早い)"のメッセージをロゴとグラフィックで表現。


  • ベージュのパーカには、パンツやキャップで深みのある色を投入。秋らしい配色でカジュアルスタイルをアップデート。

  • 19歳のイラストレーター「kiruha」とのコラボスウェット。イラストは、ダークさとキャッチーさが交錯する今っぽいテンション。ボディのカラーとも好相性。

  • ベーシック、というより今年はちょっと"クセ"のある服を着たい。アメコミのプリントって新鮮だし、スウェットなら挑戦しやすい。

  • 目立ちすぎるのは嫌だけど、全く主張しないのもツマラナイ。狙いたいのはその中間。<レイジブルー>の黒スウェットなら、胸元のプリントがいいアクセントになる。

  • ダークトーンになりがちな秋冬ファッションで、白のパーカを選ぶセンス(最高っ)!シンプルな前面とのギャップも楽しもう。

  • いつもモノトーン系ばかり着ている人にとっては、意外すぎる"ベージュピンク"のパーカ。でも一度着てみると、肌なじみの良さやこのかわいさにハマるかも!

  • パープルの色みといい、サイズ感といい、「AYAKA FUKANO」の脱力感のあるイラストといい…、期待どおりの今っぽさ。だから安心して黒パンを合わせられる。

totop

RAGEBLUE

Copyright © Adastria Co., Ltd. All rights reserved.