New in for MEN 秋のベーシックな
服選び。
New Basic for this Autumn

01: BLOUSON こう見えて機能派
軽やか秋ブルゾン

ミリタリーウェアの仕様である両胸の大型ポケットが目を惹く、ジップフロントのライトアウター。
生地にはウールライクな表情と風合いを味わえ、軽さ、暖かさ、
ストレッチ性も兼ね備える多機能素材、ウーリーテックを採用。

  • 上下ミリタリーで男らしく
    けれど、あくまで大人っぽく

    キャメル色のジャケットにグリーンのネルシャツを合わせ、素材感と彩りの双方で秋のムードを。アウター同様にミリタリーデザインのボトムスで男らしくまとめつつ、品のよいサイドゴアブーツで大人っぽさも添えた。

  • ステッチの隠し味で
    ダークトーンを攻略

    シックなイメージをもつ反面、ともすると重苦しく見えたり、単調になりがちなダークトーンスタイル。しかしこちらでは、ハットとシューズの白ステッチをアクセントにすることにより、そうした印象に陥るのを回避。

掲載アイテム一覧はこちら

02: OVERALLS ヴィンテージ顔なのに
今どきなオーバーオール

フロントのジップアップ仕様、ワイドなシルエットなど、モチーフはヴィンテージのミリタリーオーバーオール。
一方、トレンド素材でもあるコーデュロイを使い、温かみを感じさせる秋冬らしいルックスへとモディファイ。

  • 男っぽいオーバーオールを
    クリーンにコーディネート

    オーバーオールと共生地のジャケットを合わせたセットアップスタイル。全身をアイボリーや白で統一してクリーンな印象を演出しつつ、ビビッドなバンダナバッグを挿し色・挿し柄にすれば味気なく見える心配もなし。

  • モノトーンの重厚感を
    小物使いで和らげて

    チャコールグレーのオーバーオールを主役に、ほかを黒で揃えたモノトーンスタイル。無骨になりすぎないよう、ファー使いのキャップで可愛さを盛り込んだり、アイボリーのソックスを覗かせて足元に軽快感をプラス。

掲載アイテム一覧はこちら

03: PANTS 美シルエット&実用的
ツータックスラックス

ツータック入りのゆとりある腰回りに対し、裾へとゆるやかにテーパードさせることで、
野暮ったさのない流麗なシルエットを実現したウールスラックス。
大好評の昨年に続き、今年は家庭でも洗えるウォッシャブル対応に。

  • 共生地のジャケットで
    セットアップも可能

    スラックスのほか、共生地で仕立てたダブルブレステッドのジャケットも用意。上下一緒に購入すれば、それぞれ単品での着用だけでなくセットアップでもコーディネートでき、さらにスタイリングの幅が広がる。

  • 素材感を引き立てて
    表情豊かなスタイルに

    シャツとカットソーは、ボルドーカラーのトーン・オン・トーン。ストライプのスラックス&スエードシューズはチャコールグレー。と、色数を抑えることで各アイテムの素材感を引き立て、表情豊かな装いへと仕上げた。

掲載アイテム一覧はこちら

04: ROOM WEAR お部屋でもワンマイルでも
楽ちんルームウェア

スポンジのような豊かな弾力があり、ハリに富むためシワになりにくいダンボールニットを使用。
快適ながらダラしなく見えず、リラックスタイムやテレワークのルームウェア、
また、ちょっとした外出のワンマイルウェアにも。

  • シャツとイージーパンツ
    それぞれ別々でも活躍

    もちろん上下別々のセパレートでも大活躍。こちらではイージーパンツのみを使い、フリースプルオーバーのネイティブ柄から色を拾ってオレンジの一本をセレクト。これなら自宅や近所までといわず、遠出だって余裕。

  • 上下で合わせると
    より快適&きちんと感も

    セットアップで着こなせば、コンフォータブルにして適度なきちんと感も。ゆえに、テレワークでのウェブ会議にも使え、そのまま外出もOK。また、ヘアスタイリングしない休日のお出掛けには帽子が有効。

掲載アイテム一覧はこちら

05: JACKET 最新システムで暖かい
3WAYジャケット

袖を段階的に着脱でき、長袖、五分袖、ベストになる3WAY仕様。
さらにモバイルバッテリーで駆動するヒートシステムを搭載し、専用アプリを使って快適な温度に調節可能。
またシステムを取り外せばクリーニングにも。

  • 五分袖やベストにすると
    多彩なレイヤードを楽しめる

    袖を肘で切り離したハーフスリーブの状態がこちら。今の時季はTシャツの上から羽織り、もう少し冷える季節にはインナーにスウェットパーカやカットソーなどを取り入れて、レイヤードを楽しむのもオススメ。

  • リラックスな着心地のまま
    ルックスは黒で洗練

    全体をモノトーンで統一すれば、リラクシングなアイテムと合わせてもヌケすぎた印象にならず、ほんのり洗練感が。さらにレザーシューズを選んでスポーティさを抑えると、グッと都会的なルックスに格上げできる。

掲載アイテム一覧はこちら

06: PULLOVER 一枚でもサマになる
配色プルオーバー

しっかりとハリ感があり、スポンジにも似た優れた弾力性を特徴とするダンボールニット素材のプルオーバー。
フロント&バック、そして袖に切り替えた同系配色がさりげないアイキャッチとなり、一枚で着てもサマになる。

  • 全身を秋色でまとめた
    カントリーな着こなし

    無骨なジャケットをはじめ、プルオーバーからボトムス、そしてシューズやバッグまでブラウンでまとめ、季節感あふれるカントリーテイストに。土臭くならないよう、上品なスラックス&サイドゴアブーツを選択。

  • ゆったりでもダラしなさゼロ
    秘密はトップスと靴にあり

    ゆったりシルエットのプルオーバーは、トレンドのワイドパンツとも抜群の相性。トップスにハリがあるのでヌケ感があってもルーズに見えず、また程よくドレッシーな革靴も足元から全体を引き締めてくれる。

掲載アイテム一覧はこちら

07: CAP ぬくぬく気持ちいい
フライトキャップ

米軍のパイロットが着用していたフライトキャップがデザインソース。
柔らかなフェイクファーを配しているので暖かく優しい肌触りが気持ちよく、見た目もウォーム感たっぷり。
そして着こなしの見映えをアップする特効薬に。

耳あてのアレンジで
また違った印象に

高い防寒性は言うまでもなく、装いに可愛さや個性を与えてくれるのも魅力のひとつ。またフェイクファー使いの耳あては、そのまま垂らすことも、上で留めることもでき、好み&コーディネートに応じて違った印象を楽しめる。

掲載アイテム一覧はこちら

08: SUEDE ACCE 素材感と挿し色で魅せる
フェイクスエード小物

高級感のあるフェイクスエードを使い、
ワークテイストの太いステッチ&鮮やかなドローストリングを効かせた小物シリーズ。
ハットやキャップと、トレンドの巾着バッグを一緒にコーディネートするのもオススメ。

トレンドの巾着バッグは
“ちょい持ち”に最適

スマホや財布、カギなど、必要最低限の携行品を入れるのにちょうどいい小ぶりの巾着バッグ。また挿し色になったドローストリングが、ダークトーン中心になる秋冬スタイルに映え、着こなしの軽妙なスパイスになる。

掲載アイテム一覧はこちら

09: BANDANA COLLECTION 人気ブランドに別注!
バンダナコレクション

USメイドのバンダナブランド〈ハバハンク〉への別注コレクション。
ツートーン切り替えが存在感を発揮するトートバッグのほか、リバーシブルのバケットハット、
背面にバンダナを縫い付けたロングスリーブTシャツも発売。

リメイク風のトートは
便利なパッカブル仕様

バイカラーやぺイズリー柄が、装いのアクセントとしても一役買ってくれるリメイク風トート。折りたたんで内ポケットに収納できるパッカブル仕様なので、今や必携のエコバッグ、また旅先などでのサブバッグにも。

掲載アイテム一覧はこちら

10: BOOTS おしゃれ感も履き心地も
隙なしサイドゴアブーツ

配色のプルタブ&ゴムに加え、白のウェルトステッチも控えめながら軽妙なアクセントに。
サイドゴアなのでスムーズに脱ぎ履きでき、クッション良好なインソールによって歩きやすく、
そのうえ内側には抗菌防臭テープも。

足元スッキリのパンツで
その持ち味を引き立てる

ボトムスは細身のシルエットやテーパードフィットの一本、または九分丈パンツやロールアップなど、足元スッキリのタイプを合わせるとバランスよくまとまり、かつ履き口のプルタブ&サイドゴアの配色も活きる。

掲載アイテム一覧はこちら