New in for MEN この秋、
欲しいモノ。
Things wanted in Autumn

01: JACKET 軽やかに羽織れる
今どきジャケット

ヨーロッパのヴィンテージを基としながら、シルエットを今どきのオーバーサイズに。
コットンライクな風合い&豊かなハリを楽しめるポリエステル素材のフレンチツイルにより、
ルックスは本格的にして着心地は軽やか。

  • ダークトーンでまとめて都会的に

    上下ともにダークトーンで揃え、インナーのアートTシャツを引き立てた。こうしてシックな色を中心にまとめることで、ワークウェアを出自とするカバーオールであっても土臭さを感じさせない都会的な着こなしに仕上がる。

  • ワーク感を大切にした
    男カジュアル

    ペンキ加工のダックパンツを合わせ、ワークテイストの男っぽいスタイルに。秋らしいくすみカラーで統一しつつ、ニットキャップのラベル&ベルトで効かせたオレンジの挿し色が、全体をピリッと引き締めるスパイスになる。

掲載アイテム一覧はこちら

02: OVERALLS 骨太かつリラクシングな
オーバーオール

ジップアップ式のフロント、背中より低い胸当てなど、モチーフは1940年代のミリタリーオーバーオール。
一方、デイリーファッションとして取り入れやすいよう、
生地をデニムへと変更し、ポケットも実用的にモディファイ。

  • 柄を活かすべく、
    ほかはシンプルに

    個性のあるヒッコリーストライプのオーバーオールを活かすよう、ほかにはシンプル&ベーシックなアイテムをセレクト。足元には、ドレッシーすぎないポッテリとしたフォルムの革靴を合わせ、ほんのり大人っぽさをプラス。

  • 優しいムードの淡いトーンがカギ

    ベージュを基調に、アイボリーや白といった淡いトーンで全身をコーディネート。ゆとりのあるシルエットと柔和な色使いが相まって、よりリラックス感あふれる優しげな着こなしに。品のよさを添えるニットベストも名脇役。

掲載アイテム一覧はこちら

03: SHIRT 秋らしい温かみ漂う
ゆるりとしたシャツ

ざっくりとした素材感のホップサック生地を起毛させ、
ふっくら温かみのある風合いへと仕上げたオープンカラーのシャツジャケット。
リラックスムードのゆったりシルエットと、腰のパッチ&フラップポケットもポイント。

  • イチ押しはセットアップスタイル

    共生地で仕立てられたワイドテーパードパンツを使ってセットアップで着こなせば、グッと大人なイメージに仕上がる。トレンドアイテムであるタイダイ染めのカットソーをインナーから覗かせ、さりげなく遊び心を効かせた。

  • グレースラックスで
    より大人っぽく

    秋のムードをいっそう盛り上げるバーガンディの一枚に、チャコールグレーのスラックスを合わせれば、季節感とともに大人のエレガンスも倍増。歩いているときや座った際にチラリと見える、ソックスの赤ラインも隠し味に。

掲載アイテム一覧はこちら

04: PULLOVER 1枚でサマになる
技ありプルオーバー

ボディに薄手の裏毛スウェットを用い、
ネック&裾の内側にのみリブ編みのTシャツ生地を合わせたフェイクレイヤード仕様。
インナーにモックネックを重ね着しているように見え、1枚でコーディネート感のある装いに。

  • モックネック&白が
    清潔感をキープ

    ややビッグシルエットのプルオーバーや、ペンキ汚れを散らしたワークパンツが絶妙なヌケ感を演出。クリーンで品のよい印象を与えるモックネックと併せ、要所の白がポイントになり、ラフでありながらもダラしなさはなし。

  • +アウターで、
    即レイヤード上級者

    アウターを羽織るだけでインスタントに上級なレイヤードを実現できるのが、このトップスのいいところ。ここでは、すべてモノトーンでまとめて洗練感を高めつつ、重厚になりすぎないようライトトーンのスニーカーを選択。

掲載アイテム一覧はこちら

05: HOODIE 控えめに主張する
大人好みのパーカ

身頃から袖への切り替えデザインに加え、さりげない同系色のステッチワークも軽妙なアクセントに。
トレンドに即したゆとりのあるサイジングながら、
ハリに富む裏毛スウェットのためラフになりすぎず、クリーンにキマる。

  • 上品スタイルのハズシにも
    効果絶大

    テーラードジャケット&スラックスの正統派セットアップに、レザーシューズを合わせたキチンと感のある装い。そこに、ストリート的なハズシとなるカジュアルなパーカを投入することで、断然こなれたルックスが手に入る。

  • 濃淡の差でワンカラーに
    メリハリを

    パーカをはじめ、ボトムスから足元までオールグレーで表現したシックなアーバンカジュアル。それぞれ濃淡の異なるアイテムでトーン オン トーンを意識すると、ワンカラーでもノッペリと見えずバランスのよい佇まいに。

掲載アイテム一覧はこちら

06: PANTS ルーズにして品がいい
最旬タックパンツ

ワンタック入りのゆるやかなテーパードフィット、大人っぽさを添えるセンタークリースが、実に今年らしい一本。
先出したオープンカラーシャツと共生地の起毛ホップサックなので、セットアップで合わせるのもオススメ。
*実際の商品には、ウエストに紐が付きます。

  • 大人ストリートな着こなしに抜群

    インパクトの強いタイダイ染めのカットソーが主役。その彩りを各アイテムで拾い、まとまり感のある計算された着こなしに。また軽快なストリートスタイルながら、センタークリース入りのパンツなので子供っぽく見えない。

  • ユニークニットの
    引き立て役に指名

    目を惹きつけるクレイジーカラーのニットが映えるよう、合わせるアイテムには主張控えめなデザインをチョイス。特に、こうした起毛素材が使われたブラウンのパンツやグレーのスエードシューズなら、一段と季節感アップ。

掲載アイテム一覧はこちら

07: CAP 旬の素材を主役にした
コーデュロイキャップ

昨年に続いて今シーズンもトレンド素材となっている、やや太ウネのコーデュロイを使用したキャップは、
フロントにあしらったワンポイントが控えめなアイキャッチに。
バックにはサイズ調節ができるアジャスターを配備。

取り入れるだけで季節感UP!

シンプルなデザイン&ベーシックなフォルムなので合わせる着こなしを問わず、また温かみあふれる素朴な生地と秋色が効き、スタイリングに季節感を添えられる。カラー違いで揃え、装いや気分に応じて使い分けるのもアリ。

掲載アイテム一覧はこちら

08: SHOULDER BAG ミニマルながら使い勝手
◎なショルダーバッグ

2種類のシンセティックレザーを組み合わせ、さり気なくも豊かな表情を与えたショルダーバッグ。
内側にはポケットやパーテーションが充実しているため荷物が整頓しやすく、
散漫になりがちな小物もスマートに収納できる。

幅広くマッチして毎日でも活躍

あらゆるコーディネートに対応できるミニマルデザインでありながら、素材感のコントラストが効いているので味気なく見える心配はなし。さらに、ショルダーストラップを調節して長さを変えるだけでも、また違った印象に。

掲載アイテム一覧はこちら

09: FRAGMENT CASE キャッシュレス派の
フラグメントケース

キャッシュレス化が急速に進むなか、
支払いカード&少量の現金を持ち歩くのに最適な薄型のフラグメントケース。
高級感のあるイタリアンレザーを採用したこちらは、使い込むほどに味わい深い表情へと育つのも楽しみ。

ポケットにも収まる
手のひらサイズ

薄いコンパクトサイズなので、サコッシュなどのミニバッグに入れてもかさばりにくく、またパンツのポケットにもスッキリと収まるため手ぶらでの外出も可能に。フラップがなく、カードや現金を取り出しやすいのも便利。

掲載アイテム一覧はこちら

10: SHOES 上品なのに気軽に履ける
ダブルモンクシューズ

アッパーのダブルモンクストラップが、程よく存在感のある上品な足元を演出。
イージーケアで気を使わずに履けるシンセティックレザーを使用しており、内側には抗菌防臭機能も。
加えて、サイズ調整用のインソールが付属。

カジュアルにもキレイめにも有効

ボリューミーなソール&白のステッチによりドレッシーになりすぎず、デイリーに合わせやすい。カジュアルな着こなしを大人っぽく格上げしたいとき、キレイめスタイルに少しヌケ感を添えたいとき、どちらにも効果を発揮。

掲載アイテム一覧はこちら