About Fashion

〈yuw〉の服を着るのは今日がはじめてなんですが、
はじめまして感がないのはなぜでしょう(笑)。

すごく着心地がよくて、
包み込んでくれるようなあたたかさ。
リラックス感だけでなくかっこよさも兼ね揃えている。
低身長の悩みも吹っ飛ばす、
そのままで着られるサイズ感も素敵。

店舗にお邪魔したのですが、店内がとてもおしゃれ!
〈yuw〉の服ってシンプルで
使いやすそうなものばかりなんですよね。
ブランドによっては複数買わないと
成立しないデザインとかよくあるんですが、
自分の手持ちの服とも合わせやすくていいなって。

今年は夏の黒に挑戦したいと思って、
1体目はサロペットを選びました。
ボトムスのボリューム感に対し首のつまり具合が絶妙!
肌見せで女性らしさを表現しつつ、
サンダルとシルバーのアクセサリーで
清涼感を取り入れたのがポイントです。

2体目はきれいなグリーンに目を奪われた
パンツを主役にしたコーディネートに。
モノトーンが定番のわたしにとって、
色味のある服は挑戦。

ビッグシルエットのブラウスをバサッと着ることで
ラフな雰囲気に仕上げてみました。
いつもなら丈感で困ることが多いのですが、
このパンツは全体的にしっくりきて感動!

今年は夏の黒に挑戦したいと思って、1体目はサロペットを選びました。
ボトムスのボリューム感に対し首のつまり具合が絶妙!
肌見せで女性らしさを表現しつつ、
サンダルとシルバーのアクセサリーで清涼感を取り入れたのがポイントです。

2体目はきれいなグリーンに目を奪われた
パンツを主役にしたコーディネートに。
モノトーンが定番のわたしにとって、色味のある服は挑戦。

ビッグシルエットのブラウスをバサッと着ることで
ラフな雰囲気に仕上げてみました。
いつもなら丈感で困ることが多いのですが、
このパンツは全体的にしっくりきて感動!

服選びは、身の丈に合った
サイズを選ぶことが重要だと思っています。
Instagramのフォロワーさまからも、
低身長のコーディネートバランスについての
お悩みや質問が多く届くのですが、
テクニックよりサイジングが第一優先。
そこに妥協したことはないですね。

そして、いろいろな服を着ていくうちに
自分なりのバランス感が分かってきたんです。
コーディネートはカジュアルベースで、
どこかで女らしさを出すのが
わたしらしいスタイルなのかな。

コンサバ × モードや
カジュアル × きれいめというように、
異なるテイストを組み合わせる着こなしが好きです。

SSサロペット ¥15,400(商品詳細
その他本人私物

A person who does not compromise.
Guide to the right path.
About Myself

もともと、アパレル会社に10年間勤めていました。
販売スタッフを経験し、
ビジュアルプレスと兼任して動いていた時期も。
現役時代はめちゃめちゃスパルタな環境でしたが、
そのときの経験、出会いがあったおかげでいまがある。
販売で培ったお客様とのやりとり、
現場の意見を取り入れる姿勢が
現在の仕事につながっているなと思っています。

おかげさまで最近は
企業さまとコラボアイテム開発をしたり、
初のファッションスタイルブックを
発売したりと充実した日々。
書籍に関しては、
SNSに載せたスタイリングは見せないと決めて、
新しくコーディネートを組んで撮りました。

その方が買ってくれた方が喜ぶかなと思って。
反響もよかったので、
頑張った甲斐があったと思っています!

Instagramでのご縁も広がりました。
ここ2年くらいでフォロワーさまがグッと増えたのかな。
伸び悩んでいる時期は、
そのときの仕事の関係もあって
なんとなく自分らしさがなかった。
投稿自体に嘘っぽさがあったのかもですね、きっと。
それから無理することをやめたんです。
おしゃれに見せる必要はないし、
自然体にすることがいいんだと思って。

Instagramでのご縁も広がりました。
ここ2年くらいでフォロワーさまがグッと増えたのかな。
伸び悩んでいる時期は、
そのときの仕事の関係もあってなんとなく自分らしさがなかった。
投稿自体に嘘っぽさがあったのかもですね、きっと。
それから無理することをやめたんです。
おしゃれに見せる必要はないし、
自然体にすることがいいんだと思って。

普段は旦那さんが撮ってくれたり、
息子が撮ってくれたり、
必死に自撮りで頑張ってみたり(笑)。
近所の道端や日常にある風景を切り取る感じなので、
とにかく普通なんです。

いまでは「#マミフク」「#156センチコーデ」「#肉父さん」
というハッシュタグが生まれ、
それに共感や興味を持ってくれる人が
増えてとても嬉しい。
Instagramのおかげで、
見られる意識を持つようになった気がします。

仕事も私生活もそうですが、
我慢しないと決めていて。
いましたいことをいまするようにしていますね、
仕事もプライベートも。
10年間、アパレルの仕事に注いできて、
辞めて自由になった途端、
その気持ちが強くなりました。

はじめはまわりと比べることが
多かったのですが、疲れちゃって(笑)。
自分にも甘く、人にも甘く
という方向にシフトしたんです。
そう決めたらすごく楽になりましたね。

なんでも楽しくやる、悩まない。
不可能を不可能なままにしない。
できないではなく、まずやってみよう!
そんな、柔軟性のある人になりたい。

スリーブギャザーブラウス ¥11,000(商品詳細) 6/24(木)入荷予定,
イージーフレアパンツ ¥8,800(商品詳細
その他本人私物

I don't think about it,
I just do it.

プライベートでは家のなかのインテリアを変えたり、
おうちご飯を充実させてみたり。
料理上手なおばあちゃんの影響で
自分でもつくるようになり、料理の楽しさを知りました。

好きとはいえ、
こんなにつくるようになったのはここ1年くらい。
おかげで料理のレパートリーが増えましたね。
お皿や器も好きなので、
料理とのコーディネートも楽しんでいます。

大好きなお酒を飲んだり、
お友だちが遊びにきたら一緒にご飯を食べたり。
制限があるなかでも楽しい生活を送っていますよ。
最近は、おやすみしていた陶芸を
再開しようか考え中です。

石岡 真実

某アパレル会社で10年、
販売からビジュアルプレスなどを経て、
現在はさまざまなブランドとの
コラボレーションやPRを手がける。
もうすぐ5歳の男の子のママ。
『小柄な大人の春夏秋冬 ベーシックスタイル手帖』
(扶桑社)が発売中。

Shop Information

yuw 玉川島屋S・C

WEBストア中心だった〈yuw〉初の単独リアル店舗としてオープン。通常ラインアップに加え、WEB展開にはないセレクトされたアクセサリーや器など、ブランドの世界観をダイレクトに感じられる空間。

東京都世田谷区玉川3‐17‐1 玉川島屋S・C南館B1F

TEL : 03-6411-7890

営業時間 : 10:00~20:00

Photo_Nobuki Kawaharazaki
Text_Kozue Takenaka
Edit & Design_Rhino inc.