BARNYARDSTORM

あえて「やりすぎない」が今っぽいスタイリストが教えるコーデの“駆け引き”とは。

浅見れいなはどう着こなす?
バンヤードストームの名品でつくる
秋冬コーデ4選

秋冬に向けていち早く手に入れておきたいのは、長く使えて着回しやすい、定番人気のアイテム。
フーディ、シャツ、ジャケットなど、バンヤードストームの名品たちを人気モデル・浅見れいなさんがお試し。

秋冬に向けていち早く手に入れておきたいのは、長く使えて着回しやすい、定番人気のアイテム。
フーディ、シャツ、ジャケットなど、バンヤードストームの名品たちを人気モデル・浅見れいなさんがお試し。

バンヤードストームの名品でつくる、おすすめコーデ4選

包まれるような着心地にうっとり。ダンボール素材の大人フーディ 包まれるような着心地にうっとり。ダンボール素材の大人フーディ
包まれるような着心地にうっとり。ダンボール素材の大人フーディ

浅見着心地のよさも合わせて、とても暖かいことも魅力でした。コーデネートに困った日でもサッと羽織ればコーデが完成するのがうれしい。着回しが効くフーディは毎日でも着たくなります!


包まれるような着心地にうっとり。 ダンボール素材の大人フーディ

シリーズ累計2.5万枚を売り上げる、定番アイテムの中でも伝説的な人気を誇るフーディ。上品できれい目な印象のダンボール素材を採用。肩には女性らしいシングルタックが入っていたり、バックにはボトムスによってシルエットが変えられるジップがついていたりと、定番ながら毎年アップデートされるのがうれしいポイント。

包まれるような着心地にうっとり。ダンボール素材の大人フーディ
ニットセットアップに進化。着回し力◎なプルオーバー ニットセットアップに進化。着回し力◎なプルオーバー
ニットセットアップに進化。着回し力◎なプルオーバー

浅見すごくおしゃれ!サッと着られるプルオーバーはこの季節に一枚は持っていたいです。シックに決まるので、落ち着いたカフェやレストランなどにお出かけするときにもマッチしそう。


ニットセットアップに進化。 着回し力◎なプルオーバー

ブラウス見えトップス×ノースリーブニットのレイヤードセット。単品使いもできるトップスは、ハリ感のあるダンボール素材を活かし、袖にダーツを入れてアクセントに。レザー風パンツを合わせた異素材MIXコーデで、オールブラックをより一層スタイリッシュに。
一枚で着てもサマになるリブニットは、裾のスリットが美シルエットを演出。ハイネックが首元をきれいに見せてくれる。

ニットセットアップに進化。着回し力◎なプルオーバー
4wayで着こなし自在。ボアライナーつきジャケット 4wayで着こなし自在。ボアライナーつきジャケット
4wayで着こなし自在。ボアライナーつきジャケット

浅見4wayで着られて、あったかさもすごい!かなり万能アイテムだなっていう印象です。公園に行くときに羽織ってもいいし、旅行やアウトドアのときにも活躍しそうですね。


4wayで着こなし自在。
ボアライナーつきジャケット

シリーズ累計1.5万枚を売り上げ、去年は即品切れになったというボアライナーつきジャケット。着心地のよさとかわいさで人気のボアライナーが、今年はフードつきにアップデート。
ヒップまでカバーする丈感や、最大4パターンの着こなしが楽しめる着回し力が人気のポイント。ボアベストの上にブルゾンを羽織れば、かわいいだけでなく寒さにも負けないコーディネートに。
こちらはボアベストの単品使い。他にも、ブルゾンの上にボアベストを羽織ったり、ブルゾンを単品使いしたりと、様々なコーデが楽しめるのが◎。

4wayで着こなし自在。ボアライナーつきジャケット
こだわりのオリジナル素材でつくる コーデュロイシャツ こだわりのオリジナル素材でつくる コーデュロイシャツ
こだわりのオリジナル素材でつくる コーデュロイシャツ

浅見サイズ感が絶妙!一枚で着てもさまになるし、羽織りとしても使えそうです。カジュアルだけどきれい目な印象で着られるので、着るシーンを選ばないのもうれしいポイント。今回はinして着ましたが、ヒップが隠れる丈を活かしてカジュアルに裾をoutしてもよさそう。


こだわりのオリジナル素材でつくる コーデュロイシャツ

バンヤードがこだわる、大人が着られるカジュアルシャツとしてブランド初期から作っている、シリーズ累計1.8万枚を売り上げるアイテム。なめらかさにこだわったオリジナル素材、カジュアルアイテムの中にも女性らしさを忍ばせる、オリジナル色でのカラーリングでやさしい雰囲気に。
トップのボタンを外して襟を抜くように着ると、いまっぽくおしゃれに着こなしに。

こだわりのオリジナル素材でつくる コーデュロイシャツ

オンオフ問わずコーデに取り入れやすい、バンヤードストームの名品たち。
品薄になる前に、
お気に入りの一点を見つけてみては?