NEW STANDARD

シェアで広がる私たちのスタイル

SHARE FASHION

Powered by

ALAND

Style 3

シェアから広がる
マイファッション

今回はファッション誌やランウェイで大活躍のKEITO、藤田エミリ、ANGIEの三姉妹が登場。 “SHARE FASHION”をテーマに、ALAND 2022 summer collection のアイテムを使ってセルフスタイリングに挑戦してもらいました。ベーシックなデニムシャツを着回したり、視線を釘付けにすること間違いなしのサマーカラーコーディネートなど姉妹が魅せる “SHARE FASHION” は必見!シェアが当たり前と語る、仲良し姉妹ならではの和気あいあいとしたインタビューもぜひチェックして。

STARRING

KEITO(ケイト)

@keito_1214

デンマーク人の父と日本人の母を持ち、小学生の頃からモデル活動を始める。ガーリーやストリートスタイルだけでなく、ハイファッションまでジャンルを問わず着こなし、現在数々のファッション誌、広告やコレクションなど幅広く活躍中。

EMILY FUJITA(藤田エミリ)

@7_emil_y

中学生から本格的にモデル活動を開始、今では多数のファッション誌やコレクションで活躍中。2020年に出演したOfficial髭男dism「Laughter」MVが話題になるなどファッションだけにとどまらずさまざまなシーンで注目を集めている。

ANGIE(アンジー)

@angie__1116

KEITO、EMILYの妹で、三姉妹の末っ子。幼少期からモデルの経験を持つが、本格的にモデル活動を始めたのは15歳から。以降、ファッション誌やブランドのルック、コレクションなどに出演。趣味はゲーム。最近はAPEXにハマっている。

01

シェアの大本命、
ベーシックな
デニムシャツを着回し

Shirt(SAINTPAIN) ¥11,330 tax-in

BUY

Tops(PLASMASPHERE) ¥4,290 tax-in

BUY

Skirt(3.3Field Trip) ¥5,940 tax-in

BUY

Accessories ※STORE ONLY

BUY

Shirt(SAINTPAIN) ¥10,450 tax-in

BUY

Shirt(under)(SAINTPAIN) ¥11,330 tax-in

BUY

Pants(INFLATION) ¥7,590 tax-in

BUY

01

ビーチでも視線を集める、
サマーカラーシスターズ

Tops(3.3Field Trip) ¥6,490 tax-in

BUY

One-piece(3.3Field Trip) ¥9,350 tax-in

BUY

Accessories ※STORE ONLY

BUY

Tops(WKNDRS) ¥13,860 tax-in

BUY

Pants(MAIN BOOTH) ¥12,430 tax-in

BUY

Accessories ※STORE ONLY

BUY

INTERVIEW

ALANDが提案する「NEW STANDARD
SHARE FASHION」について、
出演いただいた三⼈にお話を聞きました!

ーシェアファッションは普段から姉妹でもよくされますか?

KEITO(以下K): シェアはしょっちゅうしてますね。私は実家を出て一人暮らしをしているんですけど、それでも「実家にある靴貸して」とか頻繁に連絡を取り合っています。

EMILY(以下E): アンジーは一番下だから特に多いかもね。

ANGIE(以下A):お姉ちゃんたちのお下がりを着るのが小さい頃から当たり前。クローゼットも三人で共有しているような感覚です。

ー確かにそれは姉妹あるあるかもしれないですね!今回のルックも自然とそれぞれの個性が反映されていましたが、お互いのファッションに対するイメージはありますか?

A:エミリはもうファンタジー。

K:ファンタジーワールドが強すぎて口出しできない(笑)。

A:ケイトは着こなしが面白い。レイヤードが好きだったり、こだわりが強いよね。

E:いつもシャツやジャケットとかでキマってるから、逆にTシャツとかオフモードな服装だと「あれ?何かあったのかな?」って気になっちゃう(笑)。

K:シャツがもともと好きなんですけど、一枚で着るというよりは上にベストやカーディガン、ジャケットなどついつい重ねたくなっちゃうんです。スタイリングでキメにいってる感じです。

ーなるほど。じゃあアンジーさんはどうですか?

K:アンジーは昔からあまりこだわりがなくて、完全に私とエミリのファッション感を押し付けてるかも…。

E:そうそう。でも、最近はアンジー自身がオーバーサイズのダボっとしたパーカーとか、メンズライクな服を選ぶようになったから、そういうファッションが好きなのかな?あとは、サバゲーの影響なのか、装備のついた服も好きだよね。

A: 装備はつけたい!装甲とか憧れます。

ー装甲はかなりハードですね(笑)。今回、シェアファッションをテーマに2ルック組んでいただきましたが、コーディネートのポイントを教えてください。

K:三人ともデニム好きなので、デニムのルックは普段の私服に近いかもしれません。半袖と長袖のデニムシャツを三人それぞれが好きな着こなしで着ているのがポイント。カラフルなルックは夏にそれぞれが実際に着ていそうなコーディネートになったなと思います。

E:カラーの方はアクセサリーがさりげなくお揃いだったり、細かいところでリンクしているんです。

—アクセサリーは気がつかなかったです…! 三人にとってALANDはどんなイメージですか?

K:この撮影の衣装合わせで伺ったのですが、可愛いアイテムが多すぎて買い物したい衝動を抑えるのが大変でした(笑)。

E:ユニセックスだし、いろんな系統のファッションが一度にみれるのが面白いなって思いました。

A:もっとじっくりみたかったよね。エミリは買い物に時間がかかるタイプだから、あんなにあったら1日中いるんじゃない?

E:時間無制限だったら、深夜までずっと悩んで決められなかったかも(笑)。

— 最後に、読者の方にメッセージをお願いします!

K:人が着ているものに魅力を感じるというのは姉妹もそうだし、友達やパートナーに対してもあると思うんです。その気持ちに素直に相手のファッションを自分に取り入れてみることで着こなしの幅も広がるし、もっとみんなどんどんやった方がいいと思います。

E:シェアをすることで相手を理解することができるようになると思う。買い物をしていても「これ似合いそうだけど、どう?」とか、価値観を共有していくことで、相手が好きそうなものも知っていけるだろうし、もっと毎日が楽しくなると思うんです。

A:シェアを通していろんなファッションから自分に似合うものを知っていけるのは楽しい。私の場合は、ケイトとエミリの全然違うファッションから影響を受けてきたので、その違いも面白いです。

ALAND STADiO

で三人のインタビューをもっと読もう。

2022.06.01 Release

2022.06.08 Release

2022.06.15 Release

Model


Direction
Photo
Hair & Make-up
Edit

KEITO (Image)
EMILY FUJITA (irving)
ANGIE (eva management)
KAZUMA IWANO (Sol)
DAI YAMASHIRO
MIRI SAWAKI
MIKIKO ICHITANI