夏はまだまだ続いて、何を着たらいいか迷う今頃は
一度自分のワードローブをニュートラルに戻したくなる。
変わらず好きなもの。
カレッジTシャツ、ついつい毎シーズン買い足してしまう
ボーダー、洗いざらしのシャツ
そして"今"の自分を投影するデニムたち。
今年の気分はどうだろう?
次の季節を想像しながらMy Basicをリフレッシュしよう。
「 BABYLONEのハイウエストデニム 」
股上が大胆に深く、素材はデニムだけど
チノやウールのパンツ感覚で履きこなしたいデニム。
トップスはコンパクトにしてすっきりと。
秋になったらジャケットとショートブーツと合わせて
マニッシュスタイルを楽しみたい。
「 ロゴTシャツとデニム 」
スタンダードなスタイル
まずはここから。白のロゴTとデニムがあれば
今の気分がよくわかる。
「 トップスとデニム 」
今年の気分はトーントーン。
デニムスタイルもベージュにアップデート。
ポイントはベルトのアクセントと
背中がのぞくデザイントップス。
さりげないデザイントップスを選べば
少しエッジを効かせたスタイルの完成。
「 リネンシャツとデニム 」
ワイルドな印象のデニムは
あえて女っぽいトップスが合う。
ワードローブにあるレギュラーシャツをカシュクール風に着ると
大人の抜け感が生まれる。
カラーストーンのリングで
さりげない煌めきをプラス。
「 BABYLONEのサロペット 」
ワークテイストを残しながらも、大人カジュアルを楽しめるサロペット。
ストラップの調整や裾のニュアンスも気分次第。
タンクトップやTシャツはスタンダードだけど、
シャツやヒールサンダルでカジュアルアップもおすすめ。
「 ロゴTシャツとグレーデニム 」
ヴィンテージ加工のグレーデニムは
トップスも褪せたムードのトップスがよく合う。
この際Tシャツもタックイン!
ウエスト周りがすっきりしてヒールの靴が履きたくなる。
「 GOOD ROCK SPEED, UCLA Tシャツ 」
彼のロンTを拝借した気分になる
ミニワンピースとしても着れるほどビッグサイズなロングスリーブTシャツ。
ショーツやスキニー&スニーカーもいいけど、
今年はエンジニアブーツやロングブーツで着こなしたい。
「 BABYLONEのノーカラーデニムシャツ 」
肌見せスタイルに万能なのはデニムシャツ。
着こなしのアクセントにもなるし、
今時期だったら冷房や日差しの対策にもなる。
ストールみたいに巻いてみたり、羽織ってみたり、
その日の気分でコントラストを楽しんで。