スタイリスト
渡邉恵子さんが提案する

完璧に着飾ることだけが、これからの季節を楽しむ術ではない。気持ちの浮き立つ夏だからこそ、やや力を抜いたワードローブで「気だるくキレイ」を目指すぐらいがちょうどいい。カジュアルなのに女っぽい、ルーズなのにセンシュアル。そんな絶妙なバランスを得意とするスタイリスト渡邉恵子さんが、シーン別にスタイリングを披露。

Profile / スタイリスト渡邉恵子

GISELeをはじめ、数々のファッション誌やテレビで活躍する人気スタイリスト。カジュアルなのに女性らしい、キレイなのに抜け感もあるなど、絶妙なさじ加減のスタイリングに定評あり。

肩の力を抜きたい休日は、スタイリングも少々ラフに過ごしたい。とはいえ単なるワンマイルウェアに見せない工夫が必要。立体的なフリルや鮮烈な赤など、スタイリングがさえるひと手間にフォーカス。

「シャリっとした質感が今年らしいドライな表情の黒ニットをうるおすように、しっとりとした質感の赤スカートをセレクト。真っ赤ではなくややブラウンがかった色味だから、茶色のように馴染みつつ赤の華やかさも作用します。ニットの上品な背中のあき具合やスカートの落ち感素材で、黒×赤にほどよい抜け感をプラス」

「とことんラクしたいコインランドリーの日。ルーズなシャツと白Tのラフさに、通常のカーゴパンツを合わせてはやや男前すぎ。パンツを光沢素材に差し替えるだけで、メンズライクなスタイリングにもどこか色気が生まれます。カジュアルに着てもハズし過ぎない、シワ加工も新鮮。程よい畝の太さとシャリっとしたタッチのストライプシャツは、コンサバに見えずキレイに見せる整え役としても活躍」

「少し濃いインディゴブルーとモカっぽいブラウンのこっくりとした配色が、シンプルなデニムにシックなニュアンスをもたらすワンツーコーデは散策に最適。大げさなフリルがベーシックな上下に立体的に見せることで、カジュアルなのにエレガントを実現。ややフレアなデニムの、レトロな味わいも効果的」

「今年よく見かけるクロシェニットの中でも、品のいい透け具合とスリット使いでやせ見え効果も期待できるこのニット。ベストのような感覚で着られるけど、深いVネックのおかげで抜け感もある使い勝手のいい1枚。パリッとしたフレアスカートで、清涼感のある白のワントーンに。異なる素材を合わせることで、白でも膨張しません」

旅先での浮かれた気分が投影されたスタイリングも、派手すぎては現実的じゃない。質感や素材、柄の開放感はそのままに、モノトーンでまとめるぐらいが悪目立ちを避ける常套手段。

「着丈が長めのTシャツは、スキニーやレギンスでサラッと合わせるぐらいの力の抜け具合がかわいい。Tシャツのすそをすべてインしてもいいですが、後ろを少し出してこなれて見せるのもアリ。パンツのかかと部分に入った鋭いスリットが、脚をキレイに見せてくれる効果も。バックプリントと相まって、後ろ姿にひかれるスタイリングです」

「ボリュームを自在に操作できるギャザーたっぷりの透けブラウスに、リネン混の涼しげなジョガーパンツ。そこにカンカン帽を合わせた、フレンチシックなスタイリング。スポーティなジョガーパンツでも、カジュアルとキレイめの中間的な素材だから、デイリーにもリゾートっぽくも使える二面性が◎。シフォントップスとの目新しい異素材ミックスで新鮮味をアピール」

「旅といえばそでを通したくなるクロシェニットのドレス。ベージュやブラウンよりも街になじみつつ、クロシェの透け感のおかげで重く見えない黒は便利。白デニムをレイヤードしてロングトップスとして活用することで、街歩きでも浮かずに大人」

「旅先に1枚は必要なロングドレス。花柄を選ぶなら、甘すぎないヴィンテージライクなニュアンスのものをチョイス。さらに甘さを引き立てるティアードも、絶妙な広がりが大人っぽいデザイン。黒だと強すぎるので、ブラウンの小物でやさしく引き締めると好バランスです」