ハンサムなリネン素材のセットアップや、細身で美形なセットアップ。
きちんと感とリラックス、そんな相反したキーワードを持つワードローブは、これからのシーズンにこそ必要。
そんな二面性のあるアイテムで、“キレイ”と“ラク”それぞれの特性をいかしたスタイリングテクニックを、
スタイリスト・渡邉恵子さんが指南。

Profile / スタイリスト渡邉恵子

GISELeをはじめ、数々のファッション誌やテレビで活躍する人気スタイリスト。
カジュアルなのに女性らしい、キレイなのに抜け感もあるなど、
絶妙なさじ加減のスタイリングに定評あり。

ボリューミィなワンピースの存在感をいかして、ブラウントーンでまとめてエレガントかつリッチな印象に仕上げました。少し強気にも写るサテン素材のツヤを、肩にかけたニットのやさしいカフェ色と質感でやわらかな表情に仕上げました

ドレッシーなワンピースを肩ひじ張らずに着るなら、今季トレンドのメッシュニットはうってつけ。1つ入れるだけでちょうどいい抜けを出せつつ、クリーンな白が相まってスポーティなムードも加味。ほどよくゆるいニットだから、女性らしいおだやかさも残せます

とろみ素材が力を抜いてくれる、今年注目のジョガーパンツをボトムスに。すそを絞ったデザインのおかげで、ワイドパンツのようにルームウェア感がなくよりシャープに見える利点が。ニットはサイドにスリットが入っているから、アウトしてももたつきません

主役級に華やかな花柄コットンレースのスカートをデニムに重ねて、少しヴィンテージ感を意識。スカートは付属のペチコートをあえて付けず、透け感を出すことでボリュームを軽やかに。ふくらみ過ぎずタイトすぎずなフレア感も、レイヤードがうまくいくコツ

セットアップをカジュアルにくずす、Tシャツインは定番。ベーシックな白では普通。ロゴTだとやや幼さを感じたので、ベージュトーンのプリントTでブラウンとのグラデを作り大人っぽく仕上げました。足元はつっかけで、メンズっぽくすると逆に女性らしさが引き立ちます

すっきりとしたスクエアネックがきちんと感と色気を両立するビスチェタイプのオールインワン。茶系の中でも赤に近いブラウンが女性らしくもシャープなジャケットを合わせると、重過ぎないシックを実現。肌見せでさらに季節感をアピール

ふわっと広がるパフスリーブが、スリムなオーバーオールにやさしい立体感を与えカジュアルすぎずレディな印象に。ブラウスのとろみ素材とデニムのパリッとした質感の対比も、大人の遊び心として作用。ブラウンと濃い色デニムの相性もバッチリ!

縦感を強調するシルエットに、オールブラックの引き締め力を利用した、オーバーオールの概念を払拭するミニマムなスタイリングに。背の高いキャスケットで目線をあげることで、さらにスタイルアップ効果を発揮。そでがメッシュのカーディガンで、軽さも出しました

立体的なフリルそでは、それだけで主役になれる1枚。引き立て役として、シンプルだけどキレイめなパンツを合わせバランスを取るのが正解。とはいえキレイめすぎるとコンサバ感が強くなってしまうので、チノ素材でカジュアルダウンするぐらいがベター

ボーダーTとカンカン帽で、わかりやすいフレンチシックを表現。ボーダーとチノパンのこっくりとしたベージュが、どこかなつかしいムードをもたらす効果も。帽子のリボンやシューズなど、小物でさりげなく締めの黒を取り入れると、子供っぽくなりません

Styling:Keiko Watanabe(KIND)
Photography:Yuuki Igarashi(TRON)
Hair&Make-up:Mai Ozawa(mod's hair)
Model:Ran Taniguchi(ètrenne)
Direction:GISELe