It Girls STYLE MAGAZINE 2015 SEP #01 BACK TO TOP

PICK UP! COVER GIRL

NANA SEINO INTERVIEW

パワフルなIt Girl、
清野菜名さんに迫る!

キュートなルックスでありながら次々とハードなアクションをこなす、その二面性が最大の魅力。今夏、映画で念願の主演も果たした話題の女優・清野菜名さんが登場。屈託のない笑顔の裏に潜むパワーの秘訣とは?

PROFILE

清野菜名NANA SEINO

1994年10月14日生まれ。モデルを経て様々なドラマ、映画で活躍。2014年『TOKYO TRIBE』でヒロイン・スンミ役を演じた後、今夏『東京無国籍少女』では初主演を果たす。『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が2016年2月公開予定。

LOWRYS FARM

NANA SEINO
清野菜名さんのハンサムスタイルはこちら!

「普段の自分とは少し違う、新鮮なスタイルです。今季は特にミリタリーテイストのものは気になっていたので、実際に着てみてMA-1がほしくなりました。上下ホワイトのコーディネートにもベストマッチ」

話題の映画でいきなりのヒロイン抜擢

――もともとはモデルとして活躍されていたんですよね?
清野菜名(敬称略、以下清野):はい。小学校6年生の時にピチレモンというローティーン雑誌のモデルオーディションに応募して、そこから5年間、専属モデルをしていました。撮影現場は学校みたいで毎回楽しくて充実していましたね。
――いつぐらいに女優に転向されたんですか?
清野:専属モデルを卒業して初めて女優としてドラマに出させていただいたんですけど、自分の実力のなさを実感して本当に落ち込みました。モデルの時はみんながちやほやしてくれて、なんとなく自分はいける! って勘違いしてたんですよね(笑)。でもベテランの俳優さんたちと並んで演技をしたときに、ああ自分がいる位置ってすごく下なんだ…って思い知らされて。毎日、バイトをしながら「もう女優は無理なんじゃないか」って悩む日々が続きました。
――園子温監督の映画「TOKYO TRIBE」のオーディションを受けたのはそんな時期?
清野:そうですね。オーディションの時の監督がすごく怖くて。お昼時だったのですが「おはようございます!」って挨拶をしたら「おはようございますじぇねえよ! 何時だと思ってるんだよ」っていきなり怒られたんです。オーディションを受けに来たものの、正直、絶対にこの監督と仕事したくないなって思いました(笑)。
――実際、そのときは不合格。後に同映画のアクションスタント枠でオーディションを再び受けた際、いきなりヒロイン役に抜擢されたわけですが。
清野:もうびっくりしすぎて、なかなか現実を受け入れらませんでした。監督は怖いというイメージしかなかったし、私、どうなっちゃうんだろうって。でも実際、この映画にはラッパーの方々とかプロの俳優さん以外の方も多く出演されていたので、監督もおおらかな目線で見てくれたようで(笑)。伸び伸びと楽しんで演技ができました。

夢はアクション女優としてハリウッドデビュー!

――「TOKYO TRIBE」は激しいアクションが話題になりましたよね。そこからアクション女優として認知度が急上昇したと思いますが、そもそもアクションに目覚めたきっかけは?
清野:裸足で走り回っているような子供で、とにかく昔からスポーツが大好きだったんです。入った高校にアクション部というのがあって、普通のスポーツやダンスをやるより、こっちの方が私の力を活かせるかな?と思い入部しました。すでに仕事を始めていたので部活になかなか参加できなかったこともあり、並行してアクション養成所にも通っていました。
――映画「バイオハザード」にも影響されたとか?
清野:そうなんです! この映画を見てアクション女優になりたい! って決意して。いつかミラ・ジョヴォヴィッチとハリウッド映画で共演するのが夢なんです。
  • グッドモーニング〜

  • 『いきなりケタ違いにかわいくなる』という書籍の表紙を飾らせていただきました!

  • 私服コーディネートもインスタグラムに掲載中。

  • お仕事の移動中の一コマ。おつかれーらいす。

  • おんなじポーズでパシャリ。

  • 出演中のドラマ「コウノドリ」よろしくお願いします!

  • 得意料理のトマトソースパスタです。

  • 21歳の誕生日前夜にスタッフさんからのサプライズ!嬉しかったー!

  • 歩いてて偶然見つけたねこ!素敵な写真が撮れました。

ハンサムなおしゃれが一番自分らしい

――今日の私服ではメガネやリュックを取り入れていましたが、普段からボーイッシュなおしゃれが好きですか?
清野:3年前に髪を切ってから、ボーイッシュなスタイルがしっくりくるようになりました。ショートだとあまりにメンズっぽさが強いので、最近、おでこを出したり前髪をお団子みたいにアレンジしたり。
――この冬、買ったお気に入りのアイテムは?
清野:今年ボルドーカラーがすごく気になっていて、そればっかり手に取っちゃうんですけど、まず一番にフライトジャケットを買いました。あとNIKE IDでボルドーのスニーカーも作りましたね。スニーカーは大好きで、多いときで月4足ぐらい買っちゃうこともあります。
――今着ているダッフルコートもお似合いです!
ダッフルコートも大好きなアイテムのひとつ。パンツと合わせて、やっぱりメンズライクに着るのがしっくりきます。冬はアウターのおしゃれを楽しめるのがいいですよね。

ONもOFFもやりたいことがいっぱい!

――休日はどんな過ごし方をしていますか?
清野:私、ギターが趣味なんです。高校時代にバンドを少しだけやっていたこともあって、最近時間を見つけて家でよくアコースティックギターを練習してます。
――高校生の時にアクションだけでなくギターまで! すごいですね。
清野:全然自信がなかった時期に特技を増やせば自信につながるのかな?とふと思って、いろんなことに片っ端から挑戦してたんですよ。あとは最近、夢中なのはお料理!
――ずばり得意料理は?
清野:トマト缶を使ったパスタです。具材はその時々で変わるから味も毎回変わりますが(笑)、最後にモッツァレラチーズを入れるのがポイント。こないだは煮込みハンバーグとグラタンを初めて作ったんですけど大成功でした! でもそのあとに作ったかぼちゃコロッケが本当においしくなかった…。原因? それは分かりません(笑)
――多忙な毎日の中でも、ギターを練習したり料理をしたり……。好きなことに没頭することが清野さんの次なるパワーにつながっているのかもしれませんね。
清野:仕事に関しても私、いろんなことに興味があるんですよね。女優のお仕事以外に、いつかお洋服のコラボもやってみたいし、あと海外ドラマの吹き替えにも挑戦してみたい。今、自宅で「ゆきち」という名前の猫を飼っているんです。寂しがり屋でよく鳴くんですけど、そんなパワフルな毎日に疲れた時は彼に甘えさせてもらってます(笑)。

Contents

PICK UP! COVER GIRL

NANA SEINO
INTERVIEW

パワフルなIt Girl、清野菜名さんに迫る!

ABOUT

IT girls STYLE MAGAGINE

ローリーズファームがお届けする、
いま気になる女の子「It Girl」を集めたスタイルマガジン。
彼女たちの着こなしやおしゃれのこだわりなど、
真似したくなる情報が満載です。

It Girls Style Magazine TOP