OCEANS × GLOBAL WORK

雑誌『OCEANS』2017年11月号掲載「37.5歳のマイブーム supported by GLOBAL WORK 〜2nd SEASON〜」

AUG. 2017
37.5歳のマイブーム

仕事も、遊びも、お洒落も、とことん!37.5歳を全力で楽しむ彼らのそばにはいつも、グローバルワークのアイテムがある。

ダンスに没頭した青春時代を経て、30歳からはサーフィンもスタート。さらにジムでのカラダ作りも習慣に。また、大のディズニー好きであり、家族揃って月に1回のペースでW夢の国Wへ。5歳の息子、3歳の娘を持つオトーチャンである。デニムは下と同じ。ブルゾン8500円、靴4500円、サングラス2500円/すべてグローバルワーク(アダストリア)

グローバルワークのデニム

グローバルワークのバックパック

ハイドロフラスクのウォーターボトル

街行く人々のカバンを見渡すと、人気の中心は相変わらずデイパック。アウトドアメーカーやミリタリー出自の高機能モデルも多く目にするが、実際のところ、我々の日常ではスペックを活かしきれない「宝の持ち腐れ」だ。そこで近頃はタウン前提のタイプも注目を集め、なかでもこちらは電車やバスを頻繁に利用する生活スタイルに根ざした設計が出色である。公共交通機関の車内では、バックパックは背中から降ろすのがマナーであり、胸の前で抱えるのがほとんど。その状態で荷物を出し入れしやすいよう、主室&トップポケットは前に抱えたときに自分に向いて開口する。また主室はサイドジップからもアクセスでき、トップポケットの内側には乱雑になる小物を整理できるメッシュポケットとキーストラップも。さらに両脇の収納はドリンクや折り畳み傘を入れるのに役立つ。と、日々の実用性を徹底追及し、痒いところに手が届いた “ リアルスペック ” な逸品なのだ。