About “Feel like”

-「FEEL IT」からイメージしたものとは?

川 上

とても音楽的だなと思いました。「音」は言い表せない感情を表現するのに適しています。「衣服」にも通ずるものがあると感じていたので、コンセプトとして馴染み深いものでした。タイトルは「今◯◯な気分なんだ」とそのままの意味ですが、聴くときに自分の気分で選んでほしいという思いから「Feel like」にしました。

磯 部

想像力や表現力の行き着く究極の先だと思いました。何ごとも、考えるより感じるままにできることが本能的で楽しいですよね。

白 井

見たまま、聞いたままをそのまま感じてもらうことは、服や音楽において作り手の願いだと思います。かの有名なブルース・リーも言ってましたが、あまり難しく考えずそこにあるものを素直に感じ取ってほしいですね。

庄 村

[Alexandros]と言うバンドは、その時々で感じたことを感じるままに活動を行ってきたので、その意味では自分達の活動理念に近いコンセプトだなというイメージを抱きました。

-CM楽曲『Feel like』はどんな曲?

川 上

とびっきりに心地よい曲が出来たなと自負しております。一聴すると隙間がある様に聴こえますが、所々に「お?」となる音、例えば食器のカチャッとする音等、日常生活の中で鳴る、だけどピンと来る音を隠し味に入れたので是非いろんな音を探してみてください。

磯 部

フレーズに隙間を作ってグルーヴを構築するということが、新鮮でした。ライブで演奏した時の気持ち良さもかなりあります。

白 井

サビなどで「ジャーン!」といくロックギターのセオリーから外れ、ひたすら淡々とクリーントーンのアプローチで弾きました。(『Feel like』には)たまには素直に自分のしたい事に従うときがあってもいい、というメッセージを含んでます。

庄 村

キック、スネア、ハット、タム、その他シンバル、をすべて別々に録音し、それを組み合わせるという新たな手法でレコーディングに臨みました。楽曲の持つクールさと躍動感の両面を機能させることができたかなと満足しています。

About FASION

-ファッションについてのこだわり、今秋冬シーズン気になるスタイルは?

川 上

常々音楽とファッションは強い絆で結ばれているなと感じています。歴史的にもミュージシャンがファッションを生み出し、流行らせてきた事例が多いのは諸先輩方が音と同じぐらい「出で立ち」を大切にしたからだと思います。「この音を鳴らす時にはこういう服を着て放ちたい」そんな人の持つ感情を支えてくれるのが「衣服」であるんじゃないかなと感じております。だから衣装は自分達で考え、選ぶようにしています。

磯 部

普段はこだわりというほどのものも無く、良いと思ったら着ちゃいます。形、サイズ感共に普段はそこまでの冒険はしないのですが、たまに無茶したくなります(笑)。今秋冬こそは、カッコいいセットアップなんかできめてみたいですね。あまりセットアップって持っていないので。

白 井

年中問わず長丈の服は多用してますが、そろそろクローゼットにデニムジャケットが溜まってきたので、今年は積極的に着ていきたいですね。

庄 村

普段からジャンル問わず色々な格好をしているのですが、必ずどこかに音楽が香るようなスタイリングを心掛けています。今秋冬は髪型をドレッドに変えたので(1度やってみたかったんですよね)、また新鮮な気持ちでファッションが楽しめるなあと思っています。

-GLOBAL WORKのイメージは?

川 上

着る人がなるべく自然体でいられる服という印象があります。絶妙な「暖かみ」がほのかに加えられているので、周りの人にも心地良い印象を与える服だなと思います。

磯 部

トレンドを誰もが着やすいバランスに落とし込んで、おしゃれだけど丁度いいスタンダード感で着られるブランドというイメージです。

白 井

とてもベーシックな服を取り揃えているブランドというイメージでしたが、今回一緒にお仕事をさせていただいて、そのこだわりや理念に熱いものを感じました。

庄 村

スタンダードなアイテムが揃っている分、組み合わせを考えるのが楽しいですよね。適度にトレンドを押さえつつも、そのアイテム1つ1つには清潔感があり上品なイメージがあるので、それに乗っかるも良し、または崩しに掛かるも良し、こちらの審美眼が試されるような体験ができるブランドですね。

Message

-今後の目標は?

川 上

世界中どこに行っても楽しませる事が出来るバンドでありたい。そして歳を重ねるごとに敏感にピュアになっていきたいと思っています。非常に難しいのですが、いろんな困難と思われる事に自分達から飛び込むようにしています。そうすれば強制的に挑む姿勢になるので。

磯 部

世界一になりたいです。自分が「これだったら世界一って言ってもいいだろう」と思う幾つかの指標をクリアしていきたいですね。そして高みを目指して、刺激的な人生を送りたいです。

白 井

今後も変わらず更なる高みを目指していきたいです。日本のみならず世界にも積極的に進出し続けていきたいですね。

庄 村

世界中に自分達の名を響かせられるよう、あらゆる場所、環境での活動を、感じるままにやっていきたいです。

-カタログをご覧のみなさんへのメッセージ

川 上

(インタビューを)読んでもらってありがとうございます。これがきっかけで、衣服を通じて[Alexandros]だけでなく音楽に興味を持ってもらえたらこれ以上に嬉しいことはありません。

磯 部

GLOBAL WORKは学生の頃から愛用していたブランドの1つなので、青春時代の思い出もたくさん重なります。是非ライブでお会いできればと思っております。それこそFEEL ITな世界を楽しんでいただけるかと思います。

白 井

トレンドも大事ですが一旦頭を空っぽにして感じたままに服を選んでみては?素敵な1着が見つかるもしれませんよ。

庄 村

GLOBAL WORKは実家の近くの店で友だちが働いていたこともあるブランドなので、そんな数奇な縁も感じながら楽曲制作に取り組んでおりました。皆さまの日々の何らかの感情にこの楽曲が響いてくれることを願っています。