RAGEBLUE

2018 WINTER ISSUE

↓
  • PREPPY

    大人っぽくて上品。そんな印象の強いチェック柄やチェスターコート、ダッフルコート、スラックスといったアイテムを、絶妙なサイジングと素材使いでレトロモダンに仕上げる。そこにあるのはただ単にお行儀がいいだけでは終わらないトレンド感。昔っぽいのに今っぽい。ちょっと矛盾するようだけど、欲張りな両取りができるスタイルこそが僕らの求める新しいプレッピーなんだ。

  • SPORTS

    実際に激しい運動をするわけじゃない。けれども機能的な服が好きなのは、ハイスペックなモノに心を動かされる本能なものかもしれない。そこで考える。街に映える、ちょうどいいスポーツテイストってなんだろう?その答えは、印象的な色使いと、素材、シルエットにあり。しっかりとした機能性を持ちつつ、ヴィジュアルはあくまでスマートに。それはすぐに叶う、レイジブルーならね。

  • OUTDOOR

    例えばネイティブ調の柄をあしらったニットだったり、見るからにヘヴィなフィールドジャケットだったり。寒い冬に温かみのあるアウトドアスタイルで挑むのは、おしゃれにおける必勝法だ。でも今季は、シルエットやカラーリングといった遊び心も大事にしよう。日々を街に生きる僕たちが頼りたい、ライフスタイルとしてのアウトドア。ただ機能性が高い服よりも、こっちの方が断然リアルだ。

  • MILITARY

    時代を超える冬の大定番、ミリタリースタイル。でも、いつも同じじゃつまらない。今の感覚で遊んでみては?無駄を省いたデザインと旬なサイジングで、ワイルドな印象から、一歩を外してみる。武骨すぎず、そして軽すぎず。コーディネートの主役を担うインパクトやオーラはそのままに、すっきりとした印象に生まれ変わった。こんなシンプルミリタリーが、これからの新定番になるかもしれない。

ITEM

↑