snap of shooting
MAKING

movie

MAKING MOVIE
with ERIKA TODA

movie

MAKING MOVIE
with MANNISH BOYS

撮影初日 7月14日(木)

まだ梅雨が明ける前の7月14日、横浜市。午前から30度を超える真夏日に撮影は行われました。最初のシーンは、戸田恵梨香さん演じる魔女・彩乃と少女・麻子(山口まゆさん)が出会う素敵な生花店。

戸田さんは早朝にもかかわらず、まるで今を素直に生きる“偉大な魔女”のごとく颯爽と現場入り。仲良しのスタッフとともに明るい空気をつくり出します。暑さとの闘いで撮影クルーは、汗まみれ。それでも戸田さんは過酷さを一切感じさせずに次々とテイクを積み上げていきます。
午後は、坂道を駆け下りるシーン。登りは自転車を降りて歩かなければならないほどの急勾配でしたが、怖がることなくあっさりとこなしてしまうあたりはさすがでした。

夕方からは横浜の赤レンガ。この日、戸田さんの最後のシーンを撮り終えた直後にゲリラ豪雨が。もしこれが30分前に降り出していたらと思うと胆を冷やすような大雨。ここでも魔女っぷりを発揮し、天気まで操って初日を終えました。

7月15日(金)

この日は早朝からブックレットに掲載される写真撮影。「以前もご一緒させてもらったことがあったので安心してできました」と話すようにムービー、グラフィックの撮影を担当した市橋織江さんとの息はピッタリ。OKカットを連発します。

午後は、再び神奈川県の海沿いへ移動してムービー撮影。ぐずついた天気はなかなか好転しませんでしたが、雨天の肌寒い風が秋のコーディネートとうまくマッチしていました。浜辺のシーンは、ほぼずっと雨が降っている状態でしたが、濡れることをもろともせずに笑顔を絶やさず撮影に臨む姿が印象的でした。
最後は、共演の山口まゆさんと一緒にクランクアップ。花束を手渡されたあとも満面の笑みを見せて爽やかに帰路についた戸田さん。見送るスタッフは、魔女の後ろ姿を呆然と眺めているだけなのでした。