scroll

Decorating Tips.

ラコレのインテリア。

春は気分も新たに、インテリアをもっと私好みにチェンジしたくなる。
リビングもダイニングもベッドルームもバスルームも、
お気に入りのアイテムに囲まれると何よりもテンションが上がる。
ラコレのインテリアで作る、私らしい空間。

Scene 01

LIVING

Scene 02

DINNING

Scene 03

BATHROOM

Scene 04

BEDROOM

Scene 05

OUTDOOR

Scene 01
LIVING

ロースタイルリビングが
いまの気分。

久しぶりにゆったりと家で過ごす休日。窓から降り注ぐ柔らかな光が心地よいリビングで、好きな香りに包まれて一日中好きな音楽を聞く。最近手に入れたビーズの抱き枕をクッションにしてごろんとカーペットでくつろぐ時間が私の一番のリラックスタイムだ。この抱き枕はとっても優秀で、二ヶ所に折り目が入っているから、枕と抱き枕兼用の形状になる。写真集やファッション雑誌をパラパラ眺めているといつのまにかうとうとして、このクッションに包まれて猫のように丸くなっていることも。大きなソファはあるけれど、床でくつろぐ“ロースタイルリビング”がなんとなく、気分。

掲載商品はこちら
on web store
Scene 02
DINNING

朝のコーヒーは
フレンチプレスで。

ミニマルなデザインが好きな私のダイニングは、天然木とアイアン素材を組み合わせたテーブルとチェアが主役。ベンチは意外に使い勝手が良くて、ちょっとした荷物を置いても様になるデザインがニクい。同素材のアイアンシェルフもキッチンアイテムの収納にひと役買ってくれている。朝は、パンとフルーツ、そしてお気に入りのコーヒーをゆっくりと楽しむのが日課だ。コーヒーはドリップよりもフレンチプレス派。美味しさの元って言われている豆の油分をそのまま抽出してくれるから、こだわり派の彼も満足顔。

掲載商品はこちら
on web store
Scene 03
BATHROOM

癒しの空間には
クリーンなアイテムを。

何気に一番気に入っているのがバスルーム。1日の疲れをリセットする大切な場所だから、ミニマルだけど癒やしの空間にしたくて大好きな観葉植物をセレクト。“幸福の木”と言われているドラセナはシックなフタ付きのスツールバケツにすっぽりと。小さなフィカスはラウンドタイプのロープバスケットに着替えて。そして、タオルやスキンケアアイテムといったこまごまグッズをきちんと収納してくれるのがワイヤーバスケットだ。オープンタイプはスタッキングしたまま中身が取り出せるのが魅力。ボトルもモノトーンで統一すればいつだってクリーンな印象に。

掲載商品はこちら
on web store
Scene 04
BEDROOM

ベッドの下が
秘密のクローゼット。

明日のコーディネートが決まらなくて、ベッドルームはいつも洋服で埋め尽くされる。アイアン素材のベッドフレームの下は収納スペースとしてフル活用。キャンバスボックスの衣装ケースから次々と服を取り出すものの、結局いつものスタイルに落ち着くのは10代の頃から変わらない。正六角形のフロアクッションをステージ代わりに、鏡に向かってポージング。木のフレームのライトが壁にシルエットを落として、アートな空間を作り出す。“私らしさ”はいつのまにか形作られていたんだ。

掲載商品はこちら
on web store
Scene 05
OUTDOOR

天気のいい日は
外をリビングに。

アウトドア上手な女になりたい。そう思っていたら、自然と選び抜かれたアイテムが揃っていた。軽量で使いやすく、機能的であること。かつ、デザイン性に優れたものであること。すべてを満たしてくれるこれらのアイテムがあれば、近所の公園だってグランピングスポットになる。ヴィヴィッドカラーのプレートで食べるエッグトーストは世界一美味しいし、ピクニックシートに寝転がって見上げる満天の星空は宇宙一美しい。春の風を感じたら、出かけよう。大自然の中へ。

掲載商品はこちら
on web store