JEANASIS
TOUGHNESS & BEAUTY
FEATURING KANA OYA

Photographer/Ryu Cakinuma(TRON)
[model], Yuko Saito (horizont)
[still]
Styling / Miki Sayama (LOVABLE)
Hair & Make / Mariko Chiba(Permanent)

全ての女性にとって外見のみならず内面も美しくあってほしい。
外見は内面の鏡。内面を磨いてこそ外見は輝く。

モデル・大屋夏南さんをミューズに、アクティブなライフスタイルを通して、女性の“真のビューティ”について考える連載企画『JEANASIS TOUGHNESS&BEAUTY 』。4回目となる今回は“ファッションとしてのアクティブウェア”について。キーポイントはミックスをミックスと捉えない考え方。ファッションをカテゴライズしない彼女の考え方から現代を生きるタフでかっこいい女性の理想の姿を導きだします。

#4
“ACTIVE WEAR × FASHION”
ファッションとしてのアクティブウェア

ファッションにルールを作らないこと
―普段っていわゆる“スポーツミックス”スタイルって好きな方?
好きな方です。ただ最近はスポーツアイテムと言われるものも、もうファッションの一つだなって思っています。ちょっと前に90年代が取り上げられたとき、テック系の素材のものとかがリバイバルして、スポーツミックスとかスニーカーをメインにしたスタイルとかが流行ったことがあったと思うんですけど、ブームが落ち着いた後もここ数年で定番のスタイルになってきましたよね。女性がスニーカーを履くことも当たり前になっているし、ステラ・マッカートニーがアディダスと組んでいたり、UNDER COVERとNIKEのgyakusouがあったり、最近ではアディダスがハイクやアレキサンダーワンとコラボしたり。グローバルな視点で見ても、ファッションとスポーツってもうだいぶ近いところに来ていて、広く認知されていますよね。私もそういう認識でいるので、スポーツアイテム、ファッションアイテムというふうには区切ってはなく、普段からファッションのアイテムとして、スポーツブランドのアイテムを取り入れています。
―例えばシチュエーションで変えることもない?
基本的にはないかもしれません。強いていうならジムに行く時には、レギンスにパーカを合わせたりはしますが、シチュエーションを意識してとなると、機能性を考えなくてはいけない時ぐらいで、その時の内容に合わせたスタイルを選びます。
―普段はジャンルで分けてない感じなんですね。
スポーツミックスって概念はあまり無くて……。その日の気持ちや、コンディションに合うもので「これとこれが合いそうだな」ってコーディネートを考えるときに、自然とスポーツアイテムが入ってくる感じです。もともと色んなジャンルのスタイルが好きなのもあったので、クローゼットにはいわゆるスポーツウェアのアイテムはたくさんある方だと思います。今もまだ、どんどん増えています(笑)
―今回のスタイリングもファッションとして、違和感がないですよね。どこにでも行けそうな。
黒のノースリーブの上に白のドレスを合わせたコーディネートとかは、そのままパーティにも行けそうですよね。ブラトップの上に、黄色のオーバーサイズのストライプシャツを着たコーディネートも普通に買い物にもディナーにも行けますよね。「スポーツミックスだよ」ってくくっているというよりは、可愛いアイテム同士を組み合わせて、どうコーディネートを楽しもうかな〜って感じで考えています!
―スポーツアイテムを隔てなく取り入れてるけど、人にリコメンドするとしたら、どこがポイントになる?
“運動するときの洋服”っていう固定概念を取っ払って考えると、他の洋服と同じでファッションの中の選択肢の一つだと思うんですね。さっきも言いましたが、スポーツとファッションって隣接していると思うので、ハイクやアレキサンダー ワンのようなブランドがスポーツに注目したことでも分かるように、JEANASISさんにしても、ずっとファッションに根ざしてやってきたブランドが、今スポーツの分野に視線を向けているということは自然なことなのかなって。ファッションとライフスタイルが強く結びついている中で、スポーツも必然的につながるものなんだと思います。私はファッションはファッション、ライフスタイルはライフスタイルというのはもうちょっと違っている感じがして……。それを自分のテリトリー(領域)として考えられたら、今の時代にあった自分らしいスタイルを見つけられるんじゃないのかなと思います。
MODEL’S PROFILE KANA OYA 大屋夏南

10代よりモデルとして数々のファッション誌、広告、ファッションショーに登場し続け、現在は女優としても活躍中。ブログ、インスタグラムで披露する自身のファッションは常に注目の的。国内外問わずファンを増やし続けている。

INFORMATION

#4 KANA’S CLOTHES

  • BRA TOP
  • SIDE BUTTON PANTS
  • SIDE BUTTON NO SLEEVE TOP
  • KNIT PULL OVER
  • SIDE LINE SKIRT
BRA TOP ¥3,780
SIDE BUTTON PANTS ¥6,480
SIDE BUTTON NO SLEEVE TOP ¥4,860
KNIT PULL OVER ¥5,940
SIDE LINE SKIRT ¥5,940

NEXT THEME“FOOD FOR HEALTH”健康美を作る食事

FEATURINGBACK NUMBER

/