JEANASIS
TOUGHNESS & BEAUTY
FEATURING KANA OYA

Photographer / Tatsunari Kawazu (S-14)
[model], Yuko Saito (horizont)
[still]
Styling / Miki Sayama (LOVABLE)
Hair & Make / Atsushi Takatori (SPEC)

全ての女性にとって外見のみならず内面も美しくあってほしい。
外見は内面の鏡。内面を磨いてこそ外見は輝く。

モデル・大屋夏南さんをミューズにアクティブなライフスタイルを通して、女性の『真のビューティとは?』について考えていく連載企画『JEANASIS TOUGHNESS&BEAUTY 』。2回目の今回は彼女の“スタイル”にクローズアップ。体を動かすこと、仕事のこと、プライベート……。現代を生きるタフでかっこいい女性の理想の姿を導きだします。

theme #2“MY STYLE”わたしのこだわり

「決まり事をつくらないこと、仕事とプライベートのメリハリ」

仕事に対していつもプロフェッショナルな姿勢で臨む大屋夏南さん。ストイックな一面をのぞかせる一方、プライベートは“easy come easy go”な、心がおもむくままに動いているのだそう。キーワードは“決まり事をつくらないこと”。仕事も遊びも目の前にあることに全力で取り組む大屋さんのスタイルから、美しく、かっこよくなるためのヒントを紐解きます。

―女性として、モデルとして見られる仕事をしているわけだけど、普段の生活から意識していることって何かある?
それが全然ないんです。どちらかというとルールを減らしたいタイプなんだと思います。例えば前回話した下着の撮影があった時は、モデルとして求められるカラダづくりを意識して、目標設定していましたけど、でも「夜ご飯は9時までに食べよう」とか「12時までには寝よう」みたいな決まりごとはなかったですし、今もあまりしないですね。遊ぶ時は全力で遊ぶし、やりたいと思ったらやる。唯一決まり事があるとしたら、仕事の前日はお酒は飲まない、それくらいですね。
―それはワークアウトする時も同じ?体を動かす時も決まりごとはない?
体を動かすことに関しても特に決まり事はないです。スケジュールがコントロールできない仕事だから、空いた時間ができた時にワークアウトしている感じ。例えば“月曜日の朝”みたいに決まったスケジュールではできないけど、でも、どんなに忙しくても週に1回は必ずやるようにしているかな。できれば週に2回が理想だけど、毎週できることでもないのでそれをルールにはしていないですね。運動しない時間を長く空けないように、とは意識しています。
ルーティンワークという意味では、毎朝のチベット体操がそれに当てはまると思います。毎朝、起きて、歯を磨いて、そのあとに必ずしているんですけど、今は朝にチベット体操をしないと落ち着かないんです。以前毎朝ヨガしていた時も、起きてまだ眠いうちにしていたんです。ヨガをしながら少しずつ体を起こしていく感じで。それと同じでスイッチを切り替えるようなものですね。簡単なのでオススメですよ。
―体を休めるためにしていること、何かリカバリーワークでしていることはありますか?
筋トレをした後には必ずストレッチもするようにしています。割とそこはセットですね。ジムでならトレーナーさんに手伝ってしてもらうこともあるし、家に帰ってからも自分でもします。例えばお尻の筋トレをしたあとにストレッチをしないまま何もしないでいると、お尻の筋肉が引っ張られるんです。それで腰が痛む。基本的に腰痛はお尻の筋肉が硬くなっておきるらしいです。体を鍛えるようになってわかったことだけど、ストレッチってすごく大事なもの。
―話を少し変えて、ファッション的な部分に関して聞きたいんだけど、ワークアウトのスタイルだとどんなファッションが好き?
ブラトップに、レギンスのスタイルが好きですね。私、関節が柔らかくて。例えば背筋にアプローチしたいんだけど、肩の関節の可動域が広いから、関節の動きだけで対応できちゃったり。そういう時に、体のライン、肩のラインが見えないと、どの部分がどれれくらい効いているか、効いていないかが分からない。お腹やお尻にしても同じで、”見える”ことでより意識するようになる。トレーニングをする時、体のラインが見えることはとても大事なことだと思っています。ヨガの時はブラトップの上にルーズなタンクトップを着たりもしますけど。基本はブラトップだけのスタイルが一番しっくりきますね。色は黒か赤やピンク、紫のものが多いですね。
―ランニングとか散歩はする?
散歩は好きですね。よく歩きます。歩きすぎるくらい。足も張ってくるし、ほどほどにしなきゃいけないんですけど、いつも結構歩いてます。歩くことに関しては、運動の一環とかではなくて、単純に気持ちがいいから。仕事終わりとか、気分転換にいいんです。考え事があるときとか、落ち込んでいるときとかは特に。そういう時ひたすら歩くとモヤモヤしていることも割とすぐ解決するんですよ。元気になるまで帰らない(笑)。都心部だとタクシーに乗ればばどこでもすぐ着いてしまうし、歩くことでバランスを整えているんだと思います。
―ちょっと真面目な話なんだけど、周りと同調するスタイルと、個性を重んじるスタイル、割合として自分をどれくらいのバランスで見てる?
うーーん。仕事に関しては、独りよがりではいけないと思っているし、それでは成り立たないことの方が多いじゃないですか。当たり前だけど。自分に求められることがあれば、できるだけそれに答えられるようにしたいとは思っています。でも普段は、周りと違った方がいいとか、違うことがかっこいいとまでは思わないけど、みんなと同じじゃなくてもいいんじゃない?と思う。何かを選択する時、例えばみんなが選んでいるものがあったとして、それと同じものを選ばなくてもいいかなって。
―最後にこれが私のスタイル、私のこだわりを教えてください。
私、本当にこだわりとかってないんですよ。決まり事をつくらないことがこだわりというか……。いつだってチョイスは多いほうがいいと思ってて、単純にその方が可能性が広がるかなって。特にプライベートではほとんど決まりごとを設けてません。毎日決まってやることなんて、歯磨きとチベット体操くらい(笑)。オフの日も基本はノープラン。トレーニングとかメンテナンスとか、仕事に関わることは優先的にスケジュールを入れるけど、それで空いた時間に何をするかはその日の気分です。前もって何をするか決めていても、突然気分が変わることもあるかもしれないし、もしかしたらもっと素敵なことが起きるかもしれないから。こだわることも大事だけど、その時の直感やサインを信じることを大事にしていきたいと思っています。
MODEL’S PROFILE KANA OYA 大屋夏南

10代よりモデルとして数々のファッション誌、広告、ファッションショーに登場し続け、現在は女優としても活躍中。ブログ、インスタグラムで披露する自身のファッションは常に注目の的。国内外問わずファンを増やし続けている。

INFORMATION

/

#2 KANA’S CLOTHES

  • NO SLEEVE TOP
  • LOGO BRA TOP(INNER)
  • LEGGINGS
  • PIERCE
  • TOTE BAG
  • RUFFLE SANDAL
  • BRA TOP
  • SIDE BUTTON WIDE PANTS
  • 3WAY BAG
  • EMBROIDERY SANDAL
NO SLEEVE TOP ¥4,320
LOGO BRA TOP(INNER) ¥3,780
LEGGINGS ¥4,860
PIERCE ¥2,160
TOTE BAG ¥3,240
RUFFLE SANDAL ¥6,480
BRA TOP ¥3,780
SIDE BUTTON WIDE PANTS ¥6,480
3WAY BAG ¥6,480
EMBROIDERY SANDAL ¥6,480

NEXT THEME“WORKOUT VARIATION”引き出しを多く持つことの意味

FEATURINGBACK NUMBER

kanaoya
#1 WHY YOGA?