この秋冬のテーマは、日本人の伝統的な世界観のひとつ、”ハレ”と”ケ”。

”ハレ”とは日常にある折り目、節目を表す概念。
それは”ケ”と対比され、日常に置ける非日常であり
自らを華やかに、晴れやかにするもの。

ただ、現代では様々な線引きが消滅していき、その概念も曖昧にみえる。
私たちが提案するのは、現代に合わせた”ハレ”
それは日常着であるストリートウエアに
日本人のルーツである
和の空気感を取り入れたスタイル。

「 空気をはらむようなヴォリューム 」

「 カリグラフィーに姿を変える漢字 」

「 日本の美しい色彩 」

これらの要素が日常着と合わさる事で
私たちは新たな”日常の中の非日常”を表現する。

COLLECTION
コレクションアイテム一部予約スタート
COLLABORATION

書道家 万美/Calligrapher Mami

1990年6月6日、山口県下関市生まれ。1999年、初めて筆を持ち、衝撃を覚える。2013年3月、大東文化大学文学部書道学科卒業。

現在、フリーランスの書道家、書家、ペインターとして、HIP HOPカルチャーのグラフィティを書道と同じ視覚的言語芸術と捉えたジャンル “Calligraf2ity”で活動。書道教室、黒美会を主宰。

http://www.66mami66.com/

ITEM
MOVIE
MUSIC

Minori Nagashima

東京藝術大学 音楽学部 音楽環境創造科 卒業
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 修了
3歳よりエレクトーン、ピアノを学び、6歳から作曲を開始。
大学では作曲、音響、コンピューターミュージックを専攻し、サラウンド音楽、映像音楽、劇伴など様々な制作を行なう。

大学院では都市と音楽の関わりについて研究するかたわら、映像音楽、サウンドインスタレーション等の制作活動を継続。
修了後、チームラボ株式会社のディレクターとして、『チームラボアイランド ー学ぶ!未来の遊園地ー』の制作を主導。「お絵かき水族館」など多数のアート作品や展示のディレクション、サウンド制作に携わる。
2016年にチームラボより独立、アーティストとしての活動を本格始動。

2012年より“女王蜂”(Sony Music Artists Inc.)にキーボード奏者として参加しているほか、作・編曲家としても活動中。

http://www.minori-nagashima.com/