MARIKO SPECIAL COLUMN

vol1|DECEMBER 2016 “素直でいられること”

arrow

vol.3 MARCH 2017

人気インスタグラマーmarikoによる
スペシャル連載第3弾!
vol.3 私にとってのファッションとは、
“洋服との関係”・・・

  • 連載3回目の今回は私にとってのファッション、洋服についての思いや関係について掘り下げていきます。

    私にとってのファッションとは、自分の気持ちや感性をも客観視できるバロメーターのような役割をしてくれています。心も体もヘルシーな時は、ヘルシーな服をチョイスしているし、迷いの多いメンタルの時は、コーディネートも迷いがちだったりします。
    服って今の自分の何かを反映するもの。だから自分が日常で選んでいる服で、自分のことを理解することもできるんです。インスタグラムを始めてからは特にそう。時系列で自分のコーディネートが見れるから、自分を振り返ってその時あったことやテンションを思い出してみたり。そんなことも元気よく前を向くための大切な時間だったりします。

    CARDIGAN ¥9,800+TAX / T-SHIRT ¥3,200+TAX / DENIM ¥8,900+TAX

  • 服を買うときは、いつも直感!

    やっぱり服には、いつでもドキドキワクワクしていたい。とは言え、バランスは気を付けています。私は骨格にちょっとコンプレックスがあるので、そこが上手くカバーできるものをチョイスすることが多いです。そのアイテムを着るだけで、全体のバランスがよく見えるものがあったら即買いですね。
    買う時にビビッときて、衝動買いしたとしてもなかなか出番がないものもあります。でも、それも直感の一つ。本当に気に入った服は飾っているだけでもテンションが上がったりするし、それを着てどこに行こうかって考えてる時間もまた楽しいですよね。

    SHIRTS ¥6,900+TAX / GILET ¥11,000+TAX / PANTS ¥7,900+TAX / BAG ¥5,900+TAX

  • 私にとってのファッションアイコン

    いつもはカジュアルなのにTPOをちゃんと楽しめる、余裕がある女性。そんな女性でいたいと思っています。Tシャツにデニムのようなさらりとしたシンプルスタイルでも、「そのTシャツどこの?」って聞きたくなっちゃうような女性に憧れます。西海岸のナチュラルなのにこなれた雰囲気が好き。でも、ここは西海岸ではなく日本!(笑)西海岸かぶれではなく、日本でのTPOを考えたコーディネートを楽しんでいますよ。
    私が思う私らしさは、常にカジュアルな要素を入れて気負わないところ。例えば、パーティのドレスコードがマキシドレスだったとしたら。エレガントでゴージャスなものではなく、リゾートホテルのレストランに着ていくような、肩の力を抜いた天然素材の爽やかなものを選んだりします。直球ではなく、ちょっと捻って自分なりのおしゃれを楽しむ。これが大切にしていることかな。

  • 今回は、私が“今年の春に着たい”全身ベイフローコーディネートを2体選びました。

    いつも通りのリラックスカジュアルスタイルと、スッキリとしたシンプルスタイリッシュ系のコーディネートです。そして、スタッフの方にも選ばせていただきました。自分には似合わないけれど、彼女の可愛らしい雰囲気を引き立てるために小花がらの甘めスカートを。ヘアスタイルも普段おだんごはしないということで、私がお手伝いしましたよ。メンズはまさに夫に着てもらいたいようなイメージ!夫としたことはないけれど、カップルコーデだったからスニーカーをお揃いにしました♥

  • インテリアと雑貨が好きすぎる。

    私にとってインテリアと雑貨はファッションの一部。服を選ぶのと同じように、インテリア雑貨は直感と出会いです。
    次回は、私の“インテリアと雑貨”についてお話しします。
    ぜひお楽しみに!!

PROFILE

↑