COLLAGE MONAGE

夏の始まりに着たいヘルシーなマドラスチェック。
程よく力の抜けたシルク混シャツには、リネンライクなセミワイドパンツが好バランス。
耳元と手元にはさらりとリュクスなゴールドを。飾らないラフな雰囲気に、大人の余裕と女性らしさが漂って。

MORE >
FEEL THE BRITISH MOOD BY CHECK

今季注目のアサイーカラーは、華がありながら、派手すぎず大人っぽく仕上がるのが魅力。
ボリューミーなフリルブラウスと、ドラマティックに揺れるスカート。
どこにいてもリゾートを感じられるセットアップ。

MORE >
SOPHISCATED COAST STYLE IN THIS SEASON

トレンドキーワードのひとつ、サファリを落とし込んだカモフラ柄のタイトスカート。
媚びない強さのあるボトムに相反して、トップスはタックでニュアンスをつけた女性らしいとろみブラウスを。
凛とした強さとやわらかさを併せ持つ、バンヤードストームの女性像を象徴するルック。

MORE >

人気スタイリストの着こなしプラン HOW TO WEAR

  • 流行のサファリワンピースは、前開きのデザインを生かして羽織りとして着るのも素敵。
    ベージュのグラデーションに白ボトムを差し込むと、軽やかさとメリハリが生まれ、まったり感が解消されます。
    遊び心のあるサングラスなど、トレンド小物をちりばめるのもポイント。
MORE >
  • 今ロイヤルブルーが気になっていて、このパンツに一目惚れしました。
    センタープレスのキレイな形も手伝って、派手になりすぎず落ち着いた印象で楽しめると思います。
    同系色の爽やかなストライプシャツですっきりまとめ、シルバーアクセでクールな表情をプラス。
    シャツを片側だけインすると、ロング丈でも重く見えず、腰まわりをカバーできるというメリットも。
MORE >
  • 春夏はやっぱり柄が着たくなりますよね。
    このボタニカル柄スカートは黒ベースだから、柄物に抵抗がある人でも取り入れやすそう。
    もちろんTシャツやシャツにも合いますが、ネオンTやキャップなどでストリートっぽく崩すと、
    無難に見えずあか抜けたスタイルに仕上がります。
MORE >
  • Tシャツ×デニムという誰もがする定番コーデこそ更新を。
    ももまわりはゆったり、裾に向かって細くなるキャロットデニムなら、
    最旬シルエットが手に入り、華奢見えも期待できます。
    アイテムがカジュアルなだけに、カラーパンプスやベルトなど小物使いで大人っぽさを意識して。
MORE >
  • センタープレス入りの美脚シルエットに惚れ惚れ!
    カジュアルだけでなく大人っぽくも使えるベイカーパンツは、この夏ワードローブに加えたい一本ですね。
    自分の足首に丈を合わせて裾をまくると、抜け感が生まれ、フラットシューズでもキレイに着こなせます。
MORE >

DENIM THEME

  • STYLE01

    モダンな大花柄は、からだをすっきりと見せてくれる着やせの強い味方。このセットアップのようにコントラストが強すぎない配色なら、やわらかな印象に仕上がり、全身柄でも挑戦しやすいはず。お尻に悩みがある人は、トップスの後ろだけアウトして、さりげなく目隠しを。

    MORE >
  • STYLE02

    引き締めカラー黒の威力を実感できるうえ、トップスのペプラムが腰高に見せつつ、気になる腰まわりはカバーしてくれるという一石三鳥のセットアップ。ベルトマークしたり、今季ならウエストバッグをプラスすると、さらなるスタイルアップが望め、トレンド感の高い着こなしに。

    MORE >
  • STYLE03

    夏の定番、白トップスはアイテム選びが肝心。白でも膨張せず、ボディを立体的に見せるパターン、肩に少しかかり余分な贅肉を隠すスリーブ、腰高を演出する後ろギャザー。上半身の着やせだけでなく、丈の前後差でバックスタイルにも自信が持てる一枚。押さえておくべき名品です!

    MORE >
  • STYLE04

    トップスを小さくまとめ、上下を同系色でつなぐことでIラインを強調したスタイルアップコーデ。スカウチョは下半身カバーに絶大な効果を発揮するアイテム。これは小柄さんがフラットシューズでもはけるくるぶし丈なのが高ポイント。バッグはショルダー持ちでさらに縦長に見せて。

    MORE >
  • STYLE05

    腰張りやヒップの大きさが目立ちがちなタイトスカートも、視覚的にごまかされるカモフラ柄ならトップスインしても平気!ストレッチ混素材で心地よくフィットしながら、スマートな縦長ラインを叶えてくれます。バッグをショルダー持ちして腰回りを隠すテクニックも駆使して。

    MORE >
  • STYLE06

    バストが大きい、小さいなど上半身のコンプレックスを解消するには、胸とウエストの強弱をはっきりつけて、女性らしいメリハリボディを作るのがコツ。ボリューミーなフリルが鎖骨を華奢に見せ、胸に自信がない人はカバーしつつ、トップスイン&パンツのドロストでウエストを細く。美脚パンツもスタイルアップに貢献。

    MORE >

Theme KNIT

無類のニットラバーで、素材の持ち味を生かした上質な着こなしを提案。モードからリアルクローズまで守備範囲が広く、独創的なアイデアにファン多数。

シャツのきちんと感をキープしながらも、やわらかな風合いのある綿混ボイル素材のおかげで、肩の力を抜いて着られる一枚。
リネンシャツはナチュラルに転びがちですが、黒を選べばハンサムな印象。
一枚でも羽織りでも様々な着方ができるので、この夏、大人スタイルに欠かせない存在に。

MORE >
  • STYLE01

    涼やかな天然素材のシャツは、初夏の軽い羽織りとしても最適。ネオンTシャツ×デニムスカートという、今季らしいストリートミックスのカジュアルに、こなれ感を添えてくれます。パイソン柄バッグやゴールドアクセで大人リッチに仕上げて。

    MORE >
  • STYLE02

    黒とベージュのツートーンでまとめたモードな装い。ほんのり透けるシャツをインして肌感を見せることで、女性らしさと程よい抜けが生まれ、ぐっと魅力的に。シャツの裾をわざと片側だけ出すと、着こなしにニュアンスが加わり、さりげなく下半身カバーもできます。

    MORE >
  • STYLE03

    カモフラ柄のタイトスカートと合わせれば、旬のサファリルックに。シャツの裾のボタンを開け、肩にはラフにカーデを掛け、程よく崩して今っぽいリラックス感を演出。印象が重たくならないように、クリーンな白バッグやPVCサンダルで夏らしさをオン。

    MORE >

腰まわりや太ももにはゆとりがあり、ノーストレスなはき心地なのに、脚がスラッと見えるテーパードシルエット。
軽くて涼しい機能性とリラクシーな雰囲気を備えたリネン素材。
どんなテイストも受け止めるベーシックカラー。この1本でおしゃれの幅もグンと広がりそう!

MORE >
  • STYLE01

    リネンパンツの醸すリラックスした雰囲気は、オフスタイルにもぴったり。ヘルシーな白タンクにストライプ柄シャツをガウンのように羽織り、夏のバカンスモードを満喫。サングラスやPVCバッグなど旬小物を取り入れて。

    MORE >
  • STYLE02

    トップスインしたときに、その魅力が存分に発揮されるテーパードシルエットのパンツ。カットソー&シャツというカジュアルアイテムも、上品でキレイな印象に引き上げて。茶系コーデにさし色バッグを投入し、足元はヒールで女性らしく。

    MORE >
  • STYLE03

    どんなテイストにも馴染むのがこのパンツの魅力のひとつ。例えば、開襟シャツやローファーとならメンズっぽく。トップスをゆるっとアウトしてもルーズにならず、大人のきちんと感はキープ。ゴールド小物で艶っぽさをプラスして。

    MORE >

LONG T-SHIRT
慣れ親しんだTシャツも、ロング丈に変わるだけでぐっと新鮮!
サイドに深めのスリットが入っているので脚さばきが軽く、ワイドボトムとレイヤードしてもすっきり。
シルクを織り込んだやや厚みのある上質生地で、肌触りが抜群。大人カジュアルを格上げしてくれる一枚。

MILITARY PANTS
デニムに代わる主役ボトムに抜擢したい、トレンドのミリタリーパンツ。
からだに優しくフィットするストレッチ素材とゴムウエストで、快適なはき心地をサポートしつつ、
バンヤードストームらしい美シルエットだからキレイ見えも可能に。

MORE >

あらゆるトレンドの中でも大人がマークすべきは、サファリ。
乾いた大地をイメージさせる色や空気感を、ベージュのリネンに落とし込んだ
シャツワンピースは、さらりと着るだけでこなれたムード。
レギンスやパンツとレイヤードしたり、前を開けて着流したり、アレンジ力も高い。

MORE >

昨年も大ヒットしたマドラスチェックのシャツが、色も柄も新たに登場!
アサイー×サックスブルーの配色なら、ボーイッシュな中に女性らしさも感じられ、ボトム合わせでいろんな表情を楽しめる。
シルク混素材に洗いをかけて生まれた風合いが、着こなしにニュアンスを添えて。

MORE >

締め付け感がないのに細見えする、ワンタックのテーパードシルエットが大好評!
リピート買いも多い、バンヤードストームの鉄板ボトム。
新作にはタスランという天然素材のような生地を採用し、夏にぴったりのカジュアル感を演出。

MORE >

コロニアルやサファリの流行を受け、今年はリネンアイテムの当たり年。
ブラウスとマキシスカートをセットアップで揃えて、タウンユースからリゾートまでマルチに活躍させて。
動きのあるフリルや量感たっぷりのシルエットで、ノーアクセでも華やかな印象。

MORE >

さらっとしたリネンタッチの肌触りに、からだのラインを拾わないセミワイドシルエット。
くるぶし丈なので足元も涼しく、暑い季節もノーストレスで過ごせる優秀パンツ。
存在を主張しすぎない絶妙な太さが、着こなしやすさの秘訣。

MORE >

人気スタイリストの着こなしプラン HOW TO WEAR

  • ブランドの代名詞でもある大ヒットパンツを素材も新たにリリース。
    天然素材に近い質感のタスランにストレッチを効かせ、夏にふさわしい、爽やかで快適なはき心地を実現。
    体型をカバーしつつ美脚に見せるワンタックのテーパード型も人気の秘密。 MORE >
  • スマートなルックスに見た目以上の収納力とウォレット機能まで備えたブランドのアイコンバッグ。
    本革の高級感を備えつつ、雨や汚れに強い特性を持つスプリットレザー製。
    色や素材も豊富に展開され、シリーズ累計1万個を達成。注目の新作はパイソン柄。 MORE >
  • 薄着になる季節こそ大事な手元のおしゃれ。そんなニーズに応える時計が待望のデビュー。
    メンズライクなビッグフェイスとクラシカルなスクエアフェイスの相反するタイプ。
    2個買いも可能なプライスでありながら、本格レザー仕様で大人も納得のクオリティ。特製のボックス入りだからギフトにも最適。 MORE >

BARNYARDSTORMで大人気のショルダーバッグがスペシャルアイテムになりました。
ゴールドカラーのボタンやボーダーラインのストラップなどデザインもこだわりました。
その日の気分やコーディネートに合わせて使い方を選べます。

MORE >

instagramfacebook
gotop

BARNYARDSTORM

Copyright © ELEMENT RULE Co., Ltd. All rights reserved.