クラシックムードのニットが
定番に新たな息吹をもたらす

ここ数シーズン続いたスポーティーやストリートに傾倒したトレンドから一転、今季は上質なクラシックテイストが主流に。
バンヤードストームでは“Chic(上品さ)”をキーワードに、伝統的な柄やアイテムを現代的にモディファイしたコレクションを展開。
ブランドの原点とも言えるシャツ×デニムにはノルディックなケーブル柄ニットを合わせ、新鮮かつ温もりのあるスタイルに更新。
カーディガンをわざと無造作にまとうことで抜け感を作り、クラシックになりすぎない“今”の空気感を演出。

MORE >

ハンサムなコートスタイルに
フーディを合わせる遊び心

ハンサムの代表格チェスターコート。シャツやニットでマニッシュに着こなすのも王道で素敵だけど、
パーカーを差し込みカジュアルに転ばせると、ぐっとあか抜けた雰囲気に。
クラシックなアイテムにこそ、遊び心をレイヤードするのが今季らしさの極意。
靴とバッグはレオパード柄でリンクさせ、キレ味をプラス。

MORE >

上質なテクスチャーを味方に
シックな大人の魅力を醸す

ひと目で上質とわかるカシミア入りのニットに、
表情豊かなスウェード調の素材でリリースされた新作のテーパードパンツ。
そこにクラシック感を添える、毛並みの美しいスヌード。
素材のバリエーションが広がる秋冬だからこそ楽しめる異素材ミックスで、シックな大人の着こなしを完成させて。
ライムイエロー×カーキのカラーリングも秋の気分にフィット。

MORE >

メンズ要素をミックスして
きれい見えとハンサムを両立

秋冬のワードローブに加えたい、リュクスな光沢をまとったシルクニット。
どんなスタイルにも馴染むマルチプレーヤーを、今季ならミモレ丈スカートに合わせてみて。
メンズスーツを彷彿とさせるチェック柄が、きれいめアイテムのイメージを中和。
凛々しさと女らしさがクロスオーバーしたスタイルに。柄の一色とリンクしたリビングコーラルのバッグがさし色になって。

MORE >

旬のブラウンを主役にした
モダンなチェックに注目

昨年大ヒットしたオリジナルチェック柄のネルシャツが、トレンドカラーのブラウンをベースにした新柄で登場。
シャープな表情を印象づけるVネックはそのままに、前身頃は生地をバイアス状に使い、よりデザイン性をアップ。
トラッドなチェック柄とは一線を画す、モダンで端正なイメージに。
深海のようなブルーグリーンのパンツと共に、秋めいた落ち着きのある装いを目指して。

MORE >

合言葉は「プレイフル」。
外しがおしゃれの決め手に

色褪せることのない、メンズライクなチェック柄の魅力をストレートに生かしたワイドパンツ。
かっこ良くも、ともすれば古臭くなりがちなアイテムに、
現代のマインドを感じさせるのは、プレイフルなディテール。
ブルゾンのフードに仕込まれたふわふわのボアや、ニットに遊び心をのぞかせるロゴ、
重たい空気に包まれる秋冬の街に彩りを与えるカラーパンプス。
正統派から少し外すことで一気におしゃれに。

MORE >

変化球デザインのニットが
モードな印象に引き寄せて

暖かさや着心地を重視するのはもちろん、どんなアイテムにも
スタイリッシュさを追求するのがバンヤードストームの信条。
例えば、このニット。一見シンプルな無地ながら、編み地をグラフィカルに切り替え、
ボディを立体的に見せ、ほっこりしがちなニットというアイテムをモードへと昇華。
ボトムやキャップの白とのコントラストも相まって、ハンサム度も上々。

MORE >

深まる秋の装いを活性化する
リビングコーラルの高揚感

この秋の主力カラーになる茶色やカーキと相性が抜群で、コーデをリフレッシュしてくれるリビングコーラル。
生きた珊瑚の色だけに、着こなしを明るいムードで包むだけでなく、気持ちまで前向きにしてくれる。
ニットの存在感を引き立てるのは、キャリーマンという高級生地で仕立てた九分丈のセミワイドパンツ。
控えめながら上質コーデをサポート。

MORE >

風が吹いてもしなやかに強く。
そんな凛とした女性が理想

リラックスした空気感をまとったフードや、風にたなびくスリット入りの裾デザイン。
自由なマインドでしなやかに生きる、バンヤードストームが目指す女性像を映したかのようなコート。
ラピスラズリのニットやクロコ型押しのバッグに意志の強さを託して、
この秋もハンサムウーマンなファッションを謳歌したい。

MORE >

  • チェックのバリエーションが多彩な今季は、柄を掛け合わせて着こなしを更新して。ポイントとしては、柄の目を揃えすぎず、テンションの違う柄を合わせたほうが映えます。ピンクのチェックをシャツとケーブルニットの間に挟むことで、分量を抑えながら差し色効果も狙えます

    ケーブルニットは肩を落とすようにルーズに着て、丸みのあるシルエットを作って。ほっこりしないよう、足元はポインテッドブーツでシャープに

    MORE >
  • ブラウンの中でも色味が深すぎないモカなら、老けて見えず上品。ワントーンコーデがトレンドですし、ブラウンをワンポイントで投入するより、全身の色を潔く揃えてしまうほうが悪目立ちせず、シックな印象に仕上がります。スカーフを腰に巻き、さりげないおしゃれ感をプラス

    ワントーンコーデを洗練させる、表情豊かなスウェード調パンツにも注目。男前になりすぎないように、仕上げにピアスやバッグで艶感を添えて

    MORE >
  • 確かにニットアップはコンサバなものが多いですが、バンヤードストームの新作はベルベットのようなダブルジャカード素材といい、ロゴやラインのスポーティな要素といい、アイテム自体がこなれているので、カジュアルに着こなしたい人にオススメ。小物合わせも脱コンサバの鍵

    ふわふわのベレー帽やレオパード柄バッグなど小物でレディなイメージに振れば、コンサバにならず大人の可愛らしさを表現できます。ニットアップがニュアンスカラーなので小物は黒で引き締めて

    MORE >
  • 秋冬のアウターやボトムは濃色になりがちだと思いますので、差し色になるカラーニットは押さえておきたいところ。今年はイエローとブルーがたくさん登場しているので、ぜひチェックしてほしいですね。緑味を帯びたライムイエローは茶系やカーキと相性がいいので出番も多そう!

    マニッシュなジャケットのインに合わせ、袖口からもきれい色をのぞかせて。デニムのカジュアル感に合わせ、足元にはキャメルのブーツをチョイス

    MORE >
  • 厚手のニットも着込めるゆったりしたサイズながら、羽織るだけで縦長ラインを強調してくれるガウンコート。表裏がないように2枚の生地を縫い合わせたリバー素材なので、着心地が軽やかなのに暖かい! ベルトやサイドスリットなどさりげないディテールまで優秀な一枚です

    前を開けたままベルトをすると、ウエスト位置とIラインが強調されスッキリ。ボトムと時計を淡いトーンで上品にまとめ、ニットと足元に色を差して

    MORE >
  • つい黒を選んでしまう気持ちもわかりますが、上下黒だと地味になりがち。そんな時は、どんな色でも受け止めてくれる黒の強みを逆に利用し、きれい色を投入。秋冬はどうしても素材が重ためでまったりして見えるので、シルバーのアクセやガンメタバッグなど小物で光沢感をプラスして

    タートルニット×美脚パンツの縦長シルエットは壊さず、きれい色で黒をサンドイッチ。ヒールのカラーパンプスを選べば、さらなる脚長効果も期待できますよ

    MORE >
  • ローゲージニットはアイテム選びが大事。このカーディガンなら、細身でケーブル編みがアクセントになるので、太って見える心配はなし。さらに、ウエストシェイプはスタイルアップの重要なポイント。高め位置でベルトマークすれば、シルエットにメリハリがつき、おしゃれ感もアップ

    シャツの襟を抜き、ベルトを足すことで、白のレイヤードも膨張せずスッキリ。頼れる美脚パンツで、下半身を細く長く見せて

    MORE >
  • ニュアンスカラーを着る時は、このコートのように、コントラストがつく色を合わせると印象が洗練されます。さらに、素肌との間にタートルを挟めば、顔映りがキュッと締まり、きちんと感を出せます。インナーを一枚挟む丁寧なコーディネートが、見え方の差を生む秘訣

    柄バッグも引き締め効果を発揮。ニットアップのカジュアルなテイストに合わせ、キャップやスリッポンを選択

    MORE >
  • 白ボトムを細く見せるには縦長ラインを作ること。バンヤードストームのテーパードパンツはまさに適任。ひざ下が細く見えるシルエットに加え、うね幅の細いコーディロイ&センタープレス効果で、ほっそり縦長ラインを実現! 腰に巻いたチェック柄シャツも下半身カバーに一役買って

    腰に巻いたチェック柄シャツは、お尻をカバーしつつ、無地コーデのまったり感を払拭。手持ちしたリュックも、下半身の目くらましに有効

    MORE >
  • パンツとブーツをスウェード素材で揃えてブーツインすれば、脚長シルエットが叶い、おしゃれ感もアップ! 再びブームになっているニーハイブーツをヒントに、大人でも取り入れやすい着こなしにアレンジ。マウンテンパーカーのフードやスカーフで視線を上に上げるのもコツ

    首に巻いたスカーフは、顔まわりに華やぎを与え、首が太い、たるんでいるなどのお悩みにも効果が。マウンテンパーカーは、きれいめコーデに振って印象を新しく

    MORE >
  • 生地に張りがある濃色デニムスカートなら腰張りが緩和され、ミモレ丈もきれいに着こなせます。淡色ニットの前だけインして脚長に見せつつ、ヒップの大きさや垂れ尻はさりげなくカバー。旬のチェック柄ストールやサングラスで上半身にポイントを作り、気になる部位から視線をそらして

    ストールはぐるぐる巻きにせず、オフショルダーのように少し抜くと、首元がスッキリしてこなれた感じに

    MORE >
  • まずは、低身長さんでもバランスが取りやすいくるぶし丈のパンツをセレクト。スタイルアップには上半身をコンパクトにまとめる着こなしが王道ですが、今季らしいボリュームニットでも、ウエストインして腰の位置を高く、くびれているように見せればバランスアップできます

    足元にはヒールがあり、シャープな表情に仕上げるポインテッドブーツがオススメ。アクセや時計を散らして、ボリュームシルエットのまったり感を解消

    MORE >

AQUA SIDE SLIT KNIT

ひとたび触れたら、その心地良さの虜になる。
カシミア混の“アクア”というニットはリピート買いが絶えない秋冬の人気アイテム。
つかず離れずの程よいシルエットに、着こなしのアクセントとなる袖口リブや裾ラインに動きをつけるサイドスリット。
飽きのこない形をベースにしながら、今季はきれい色で印象をアップデート。
知性と上品さを宿すスカイブルーならカジュアルが洗練され、着る人の魅力も増して。

CHAMBRAY CORDUROY PANTS

累計売上1万本を突破!
バンヤードストームの代名詞にもなっているテーパード型パンツはこの秋もハンサムウーマンの頼れる味方に。
温かみがあり、柔らかなニュアンスが漂うオフホワイトのコーディロイ。
細うねの生地を選ぶことで、素材の持つカジュアル感をセーブ。
センタープレスのディテールも手伝って、大人が求めるきれい見えを実現。
どんな色やテイストにも馴染む懐の広さを、使うたびに実感するはず。

MORE >

BONDING ZIP PARKA

気取らないラフな雰囲気を醸すパーカー。
ともすれば幼く見えたり、スポーティーに転びがちなアイテムを、
表面がなめらかで程よく厚みと張りのあるボンディング素材により、大人っぽくモードなイメージへと昇華。
立ち上がりの美しいフードには同色のベルベットリボンをあしらい、両裾のゴールドファスナーで高級感をプラス。
細やかなこだわりの積み重ねが何気なく着てもムードある佇まいへと導く秘訣。

MORE >

3WAY HOODIE JACKET

初秋はライナーを取り外して薄手のアウターに。
ライナー単体でダウンジャケットにもなり、3WAYで着られる高い機能性が話題を呼び、
昨年大ヒットを記録したマウンテンパーカーが仕様も新たにリリース!
フードの内側にはトレンドのボアを仕込み、茶目っ気のあるルックスと、首元を守る防寒性を兼備。
定番色を網羅したカラーバリエーションだから誰もがお気に入りを見つけられるはず。

MORE >

CORDUROY LONG SHIRT

軽いアウターとして定着した人気のロングシャツ。
頬をなでる風に秋の気配を感じたら、暖かみのあるコーディロイ素材へとシフトさせて。
洗いをかけて生まれた柔らかな風合いとさりげなく縦長ラインを引き立てる細うねの生地。
さっと羽織るだけでニュアンスが生まれ、スレンダーな着こなしが手に入るのが魅力。
サイドスリットに加え、新作にはバックスリットも。
動きに合わせて軽やかに揺れ、凛とした強い女性像にふさわしい躍動感を演出。

MORE >

SIDE SLIT W CLOTH PANTS

はき心地はノーストレスで、とにかく楽に。でも、オンにも使えるきちんと感も欲しい。
そんな大人のわがままに応えるパーフェクトなパンツがこちら。
肉感と張りのあるWクロスを採用し、体型を拾わないシルエットを叶えながら、抜群のストレッチ性で動きやすく。
生地にレーヨンを入れることで、ほんのり光沢のあるなめらかな見え感に。
裾スリットにより、フラットシューズやショートブーツと合わせても好バランス。

MORE >

LOOSE CHESTER COAT

面積が大きいだけに印象を左右するアウター。
一見同じようで、時代やトレンドによってマイナーチェンジを繰り返しているアイテム。
例えば、ハンサムウーマンに欠かせないチェスターコート。
背広のようなかっちりとしたイメージから、今季は少し肩を落としたビッグシルエットへと進化。
従来のメンズライクなパンツ合わせだけでなく、ニットアップやタイトスカートなどと柔らかな印象で着こなすのも気分。

MORE >

自身の私服も注目を集めるスタイリスト亀恭子さんと
井関かおりさんが、秋の新作を使った着こなしを公開。
バンヤードストーム世代のリアルコーデは必見!

PROFILE
半歩先のおしゃれを取り入れたリアルなスタイリングに
同世代女性の圧倒的な支持が集まる。
ワーキングスタイルもママコーデも参考にしたい憧れの的。

ブラウンからベージュまで、旬の茶系アイテムは上品なイメージに仕上がり、オンスタイルに最適。
色を揃えすぎずいろんなトーンを重ね、素材ミックスで奥行き感を出すのがポイントです。
美脚テーパードパンツの新作は、手洗いできるスウェード調素材で、これからの時期とても重宝しそう!

MORE >

ブラウンが全盛の今年はアウターにも選びたいですね。
絶妙なモカ色コートに馴染ませ、インナーもニュアンスカラーでスタイリング。
色を今季らしくアップデートすれば、ベーシックも新鮮に映ります

MORE >

秋はスカーフを着こなしに取り入れたい気分。
いわゆるシャツやシルクブラウスとセンタープレスパンツではコンサバになりがちですが、
シャツがコーディロイというリラックス感のある素材だから、クラシックコーデも新しい印象に。
カーキ×ネイビーの色合わせもこなれて見えるので好きです

MORE >

カジュアルの代表格マウンテンパーカーも、黒を選んでモノトーンでまとめればモードに引き寄せられます。
フードの内側にあしらわれたボアは、昨年版から進化したディテール。
見た目に温かく、トレンド感もたっぷり。
パンツはONでチョイスしたベージュテーパードの色違い。
表情のあるスウェード調素材がコーデにニュアンスをプラスしてくれます

MORE >

きれいめにも振れそうなチェック柄のワイドパンツを、パーカーやスニーカーでオフ仕様にアレンジ。
ママコーデの基本は動きやすく走れることですが(笑)、おしゃれ心も忘れたくない。
バンヤードストームは素材選びから細部まで上質さにこだわっているので、カジュアルでもきちんと感を出せるのが魅力。
光沢のあるキャメルで、ポケットが13個も付いた才色兼備なリュックも頼れる存在!

MORE >

流行りのニットアップで時短おしゃれを実現。
程よくゆとりのあるトップスのフーディニットに対して、ボトムのスカートはリブ&ボタンですっきり縦長ラインを強調。
ブルー単色でもまったりせず、簡単にメリハリシルエットが手に入ります。
着心地が抜群できれい見えする、リラックスして過ごしたい休日に理想的なスタイルです

MORE >

PROFILE
定番ワードローブをおしゃれに着回すアイデアをまとめた著書
『5年先まで役立つ着まわし〜小物でチェンジ!リアルコーデ108〜』
(エムオン・エンタテインメント)が好評発売中。

  • 2WAY KNIT

    浅VニットとVネックカーディガンのどちらでも着られ、主役にも脇役にもなれる振り幅の広さ。発色の美しいロイヤルブルーや上品なネック開きできれい見えが叶い、ウエストインしてもアウトしてもキマる丈感も着回しやすさの決め手に。

    畦編み2WAYニット \10,000
    Color Variation ブルー/ベージュ/グレー

    MORE >
  • カーディガンのボタンを閉じてトップスに。素肌との間にタンクを一枚挟むと、こなれた雰囲気を出せます。シックなワイドパンツにはカラーニットが映え、オーセンティックな柄の鮮度も一気にアップ。足元までマニッシュで統一したコーデに、キャップで遊びを加えて MORE >
  • ハンサムな印象のロイヤルブルーも、同系色のスカートを合わせれば女っぽい表情にシフト。少し長め丈のニットはアウトして着れば、気になる腰回りをさりげなくカバーできるというメリットも。上下ニットの柔らかな質感を、レオパード柄パンプスやバングルでシャープに引き締め MORE >
  • ニットカーディガンをカジュアルに合わせる時は、肩を落として少し崩して着るくらいがおしゃれ。反対色を効かせたコーディロイシャツの襟元を抜き、袖口から少しのぞかせるのも、あか抜けて見せるコツ。足元にパイソン柄を投入し、きれいめに仕上げて MORE >
  • ZIP PANTS

    バンヤードストームが誇るテーパードシルエットのパンツは、はき心地が秀逸! ゴムウエストで腰回りにはゆとりがあるのに、脚が細く見え、秋冬仕様の裏起毛素材でも太って見える心配なし。トップスインしたり、レギンス感覚で合わせたり。色も万能な黒で、着こなしのイメージが広がる一本。

    裏起毛裾ZIPパンツ \12,000
    Color Variation ブラック/カーキ

  • オートミール色のフーディとオフホワイトのコーディロイロングシャツ。淡色レイヤードにレギンスのようにパンツを合わせ、印象を引き締め。裾のゴールドファスナーのおかげで、ラフになり過ぎないリッチカジュアルが完成。裏起毛素材で下半身がポカポカなので、これからの季節に子供と公園で遊ぶ時にぴったり! MORE >
  • 裾に向かって細くなる美脚シルエットだから、トップスにボリュームのあるニットやコートを合わせてもスリムな印象をキープ。イエローやブルーといった今季のトレンドカラーを躊躇なく合わせられるのも、万能カラーの黒ならでは。どんな着こなしもモードに仕上げてくれます MORE >
  • 腰回りがすっきり見えるデザインなので、シャツをインしたきれいめな着こなしもお似合い。ウエストのドローストリングが程よいアクセントになって MORE >
instagram facebook LINE
gotop

BARNYARDSTORM

Copyright © ELEMENT RULE Co., Ltd. All rights reserved.