• CONCEPT
  • NEWS
  • RECRUIT

SHOP LIST

パンとごはんと...
インスタグラムでも人気の管理栄養士 菱沼未央さんが手掛ける食器ブランド「パンとごはんと…」。
ブランドコンセプトは、和食にも洋食にもあう毎日使える器。
今回は、「パンとごはんと…」のブランドの中からカレーに似合う食器をチョイスして頂きました。
菱沼未央さんがオススメする、「いつもよりも美味しく見えるカレーの盛りつけ」&カレーのアレンジメニューレシピをご紹介します!
#1 モリモリパクチーと
半熟ゆで卵のスパイシーカレー
【カフェプレートM 編】
作り方:
@ ご飯を皿中央に盛り付け、右側に適当な長さに切ったパクチーと縦半分に切ったミニトマトをのせる。
A 左側に温めたカレーを1/2 パック盛り、イエローにんじんのクミンラペと紫キャベツのマリネを添える。
B カレーに半熟ゆで卵を乗せ、ごはんにフライドオニオンをかける。
C ゆで卵を割っていただきます!
★ワンポイントアドバイス★
カフェプレートMはリムが立っている為、カレーと副菜を一緒に盛りつけるのにぴったり!
真上から見たときにご飯とパクチーとカレーが縦に並ぶようにスタイリングする事でお洒落度がUP !撮影の時はミニトマトやゆで卵の断面を見せると更にGOOD !
#2 カレーパン〜
白菜のクミンステーキを添えて
【カフェプレートL 編】
作り方:
@ フライパンにクミンとオリーブオイルを熱し、縦4 つ割にした白菜をグリルして塩こしょうで調味。インゲン、ミニトマトも同様に。
A 皿中央に@を乗せ、左側に温めたカレーを1 パック盛り、右側にトーストしたカンパーニュを添える。
B パンをちぎってカレーにつけて召し上がれ!とろとろの白菜を一緒に食べるとなおGOOD !
★ワンポイントアドバイス★
カフェプレートL は大きなカンパーニュが乗せられるビッグサイズ!そのサイズ感を生かし、普段とは異なるスタイリングをしてみましょう。
旬の野菜は形を生かして大きめにカットしこんがり焼くことで、食欲をそそるフォトジェニックな仕上がりに。ブルーのプレートは暖色系の食材を上手にまとめてくれますよ。
#3 たっぷり野菜でヘルシー朝カレー
【艶トルコ釉ボウルM 編】
作り方:
@ じゃがいもは切り込みを入れてオリーブオイルを塗り、塩こしょうをしてじっくりオーブンで焼く。
A お好みの野菜やパンとともにトレーに盛りつける。
B ボウルに温めたカレーを1 パック注ぎ、お好みでイタリアンパセリをちらす。
C じゃがいもやパンをカレーにつけて召し上がれ。
★ワンポイントアドバイス★
艶トルコ釉ボウルM はカレー1 パック分がぴったりのサイズ感。食材にはないカラーを生かしてトレーを使ったカラフルなスタイリングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ほくほくのじゃがいも、色とりどりの野菜とともにスパイシーなカレーをお楽しみください。朝からお気に入りの器でカレーを食べて1 日元気に過ごしましょう。
#4 彩り焼き野菜のスパイスカレー
【艶トルコ釉ボウルL 編】
作り方:
@ オリーブオイルを熱したフライパンでお好みの野菜をグリルし、塩こしょうで調味。ミニトマトはヘタごと半割にするとフォトジェニック。
A 器にごはんをよそい、温めたカレーを1 パックかける。
B @をご飯の上に乗せ、お好みでフライドオニオンをちらす。
★ワンポイントアドバイス★
艶トルコ釉ボウルL は、カレーライスがよく似合う器です。ごはんとレトルトカレーだけでも十分おいしそうな仕上がりに。
焼き野菜を加える一手間で、あっという間にカフェ風のおしゃれなカレーに早変わり。料理をする気が起きない休日は、器の力を借りておいしいカレーランチにしてみませんか?
#5 クミンとカシューナッツの炊き込みご飯でエスニックカレープレート
【リムドットオーバルプレートS 編】
作り方:
@ クミンとカシューナッツ、パクチーの炊き込みご飯を作り、皿中央に盛る。
A 右側にじゃがいものサブシ、にんじんのクミン炒め、ポリヤル、紫キャべツのマリネを盛りつける(お好みの副菜でOK)。
B 左側に温めたカレー1/2 パックを注ぎ、お好みでレモンを添える。
C スパイシーなご飯とカレーを一緒に召し上がれ。途中でポリヤルにレモンを搾ってもGOOD!
★ワンポイントアドバイス★
オーバルプレートS は女性や小食の方がカレーを食べるのにぴったりのサイズ。6 色展開なので、お好みのカラーをチョイスしてください。同じ料理でも使用する皿の色でがらりと表情を変えるので、盛り付ける楽しさがUP しますよ。カラフルなプレートとスパイシーなカレー、スパイシーなご飯との相性がばっちりです。
#6 手作りナンでカラフルカレーパーティー
【リムドットオーバルボウルS 編】
作り方:
@ ナンを焼く。
A 皿中央にじゃがいものサブシ、にんじんのクミン炒め、ポリヤル、紫キャベツのマリネ、ピクルス、ベリーリーフ等を盛り付ける(お好みの副菜でOK)。
B 左側に温めたカレーを1/4 パック注ぎ、お好みでイタリアンパセリをちらす。
C ナンちぎってカレーをつけて召し上がれ。途中でライカ(ヨーグルトソース)をプラスするのもGOOD!
★ワンポイントアドバイス★
家族や友人と一緒にカレーパーティーをしてみましょう。温めるだけでおいしいカレーがあるので、その分副菜やナンは手作りに。色とりどりのボウルの中から好みのカラーを選ぶ楽しさも加わり、カレーパーティーが盛り上がりますよ。
菱沼未央プロフィール
管理栄養士、惣菜管理士、パンシェルジュ
1989年 東京生まれ
大学卒業後、食品企業勤務を経てフリーランスとして活動。
摂食障害克服のためのボランティア団体[CHOICE]の共同設立者となり、自身も摂食障害と闘いながら、病気に苦しむ人達の力になるべく活動の範囲を広げる。
また、古民家を改装して作ったフリースペース〈アトリエkiki〉にて、「自然の恵み、盛りつける楽しさ、食べる幸せ」を共有できる料理教室〈Cokking Kiki〉を定期開催予定。
主な仕事内容はフードスタイリング、レシピ作成、栄養相談、写真撮影etc...
「おいしいごはんは世界を救う」をモットーに、簡単でおいしく体に優しいごはんを考案する。